「お断り」
掲載者の意図以外の検索対象となっているようです。
営業電話応対記録「お断り」部分を削除してあります。
10/08/28 改訂・・・
きまぐれりれき(2000年08月)
戻る

2000/08/31
(Thu)
 HよりN社の件。9月6日に再度先方の社長が説明を受けたいとの由。自分のスケジュールで動くように依頼した。 ついでに前回改訂分の処理でエラーが発生しているとの事で訪問。
 元上司のI氏より「前回の回答は」とのメール。 ぬわんだと!と電話を掛ける。私が送ったアドレスは「週に1回しか見ない」アドレスだという。 5月にPCがいかれてから、メール系の住所録も不完全である。
 U氏、厚木P社より何度か電話。レジデータ更新後に、[設定]を実施するとエラーになる?ならない筈。 パトライトのログが落ちていない?落ちているのは確認済。Agentのログは片側だけ落ちていた。それはINIが悪い。 無通信の発生頻度は高いかもしれない。その度にパトライトが鳴り出して困るらしい。入金印刷の件。硬貨順序に注意。 プルダウンメニューの説明の充実化。レジデータ更新後の設定でエラー発生?の再現。パトライトのオンオフのタイミングの運用手法。 最終版を広島へのインストール。等々。
 A電氣の対応メモを作成して同報メール。 PCで受注番号の重複が発生するらしいとの由であるが元のプログラムの修正も出来る状況ではないので、 対処するとしたら整合性検証の臨時プログラムでも作成するしかないであろう。
 GO社S氏より電話。O商事の取引明細について。統合区分関連がどうなっているか。1:親、2:子。 M花卉園芸は、09/07日にセットアップしたい。との事。テスト準備に掛かるが、S氏の持参のFDでは ファイルが足りない事に気づく。とりあえず、純正95でコンパイルをして比較してみる事にする。
 SuperCtCAPの改訂作業。A−4縦モードの時には、A−4下半分にコメントも印刷出来るようにしてみる。
 *********の**氏TEL。賃貸事務所の営業である。最近勝手にFAXも送り付けてくる。迷惑である。
 さて本日は、Mr.TKN主催の年に数度のお食事会の日である。本日はフランス料理である。慌てて赤坂『キュイジーヌ MIYA』 へ。といってすんなりと店までたどり着けたわけではなく、ぐるぐる回ってやっと店にたどり着いたのである。 元の同僚(といえ1年後輩と1年先輩)のTKN、N・Y・O女史の面々。
2000/08/30
(Wed)
 Hは休み、Kは二日酔いで午前中休み、Wは厚木P社直行で、3階は私だけである。 S社K氏より、S宛にA電氣の保守依頼メモのFAX。C社I氏より昨日送付の経歴書について。 L社U氏より自動締め処理が動かなかったかもという話。休止中なら動かないでしょう。 L社T氏よりS社から私的の画面の動きとメッセージについて。
 一旦帰社されていたU氏が再度御来訪。 どうも収集PC側で作成したレジ情報が計数機側に反映されないという。 よくよく調べると設定用のFDのコードが8桁であるべきところを6桁にしていた。 このコードは以前は4桁であったのだが、前回から8桁にしている。 4桁で作成したFDは8桁になるように組み込んであるのだが、なぜに6桁で作成なさったか??? クエリーでの一括変換の説明をして、U氏は急遽厚木P社にUターンである。
2000/08/29
(Tue)
 T女史より「おっはー」の電話あり。大体軽い挨拶の時は質問が多い。やはり。 PCがおかしくなってメールが出せないという。セーフモードで立ちあげてみたら、と助言。 再度電話で、その後勝手にセーフモードがまた立ち上がった、というので「何度でもするんじゃ」 と答える。しばらくしてから「直ったわー」
 元上司のI氏より久しぶりの電話。なんでも、ヤフーの掲示板で悶着をおこしているらしい。 その事で、以前に私がIDを剥奪されたニフティの時の事例を聞きたいとおっしゃる。 もっと面白い掲示板のURLをメールしておく。
 L社U氏が厚木P社より電話。 壊れたPCをOSから再インストールしてやっと2日前の状態まで復元する。 監視プログラムも立ち上がったが、時々正常と思えるのにパトライトが鳴り出すのは誤動作しているのではないか、というので、 エージェント側にログ機能を盛り込む事にする。 W女史には会社の機器で連続運転を指示する。これでログが取れれば232C誤動作疑惑は解消する。 再度電話で、専用線で繋いだPCの監視が出来ていないという。 すわっ、ソケットの問題が有るのか?と思ったが停止電文は届いているという事で監視の待ち時間が短すぎたという事に気づく。 急遽、監視側の待ち時間をパラメータ化する事にして、W女史に依頼する。 これこそぶっつけ本番となるので、明日(8月30日)は同女史にプログラムを現場に持参と立ち会いを依頼する。
 C社I氏より、損保関連のCプログラム開発の物件の話。受ける事にする。 が、途中から先方指定の個人経歴書を提出しなければならないという。うー、面倒っち。 自分の分も適当に書いて、WとNに経歴書の作成を依頼する。泥縄だな。メールで送付するが、届いていないという。 (これは翌日判明したが先方のサーバーの問題だったらしい。)仕方なく、FAXでも送付しておく。
 夕刻になって、セ社G氏が社長のS氏と一緒に御来訪。 セ社とはL社のS社向けの開発を分担受注している。紹介したのは私だったので、お礼の表敬訪問を兼ねている。 そのまま5人で『さざんか』へ。
2000/08/28
(Mon)
 二日酔いながらも、本厚木駅10時20分に間に合う。 土曜日に解決していた筈のTAの設定が再び出来なくなって、U氏は孤軍奮闘している。 私らは本来ソケット通信の確認の筈で参加したのだが雑用のお手伝いで始終する。 暇なので『ドトールコーヒー』に都合3回。 本稼動が始まるのを確認してU氏を残してとっとと帰る。散々である。
 会社に戻ると9時過ぎであったが、Kが一人で残っていた。 新しい会議室、散々か、違った『さざんか』に行ってみる事にする。 たまたま座った隣のテーブルの客と意気投合して盛り上がる。
2000/08/27
(Sun)
 厚木P社の訪問準備。
 夕刻は、H夫妻の御成婚25周年記念という事で、銀座9の『DaidaiYa』で宴会。 二次会は目黒『よし祥』に移動。移動中に眠りこけて乗り過ごし、行方不明となった人もいたらしい。
2000/08/26
(Sat)
 L社U氏来訪。昨日の結果を聞くと散々である。 まず、TAの設定が壊れてしまい、元に戻らなくなったので1台を持ち帰ってきた、という。 従って一昨日慌てて送付したプログラムのテストまでは進んでいない。 月曜日から本稼動だというにどうするか。設定の手伝いで月曜日は私も訪問する事にする。 持ち帰ってきたTAは、すんなりつながって設定も出来た。 どうも停電時用の乾電池をセットしていないで電源を切ってきたからメモリが消えただけのような気がする・・・。
 SuperCAP、一部で好評であったので(ほんとか)A−4縦対応版も組み込んでみる。うう、縮小印字を誤解していた。
 ヨメさんに頼まれていた、さくら銀行の改印届の件を思い出して捺印、郵送する。
2000/08/25
(Fri)
 SよりA電氣の8月分の保守作業チャージの件。 パソコンの通信テスト準備と導通テストという事で私の分もチャージする。
 L社N氏より電話有り。”請け書には収入印紙が必要ですぞ。2000/07/20” と前回U氏に指摘しておいた件で、発注書の作成をしなおしたとの事で、Y氏と御来訪。 わざわざお出でいただくのも恐縮したが、ソフトウェアハウスがどんなところかも見たかったのでとおっしゃるので気にしない事にした。 しかし、私のところを見て一般のソフトウェアハウスと同じと勘違いされたらそれはそれでご迷惑をかけますなぁ(笑)
 P社でセッティング中のU氏より2度ほど問い合わせ。2台のセットまで完了との由。
 Kが、依頼されている取説はいつまでに仕上げればよいか、というのでそろそろT氏が言ってくるだろうと答える。 画面説明はほとんど終了しているので、後は前回渡したテキストを貼り付けるように依頼。
 Wが、監視プログラムのコンパイルが出来ないという。私が起動しているのではないかと疑っている。 してねーってば。複数台でテストしていたので他のパソコンで起動していないかとたずねると起動していない事を確認したという。 へっへ、と思ってタスクマネージャーで調べていくと、ほーら。タスクだけ残してプログラムが終了しているよん。
 早目(通常時刻か)に帰ったKから電話。 前回一緒に飲んだKの甥のT氏と会社の近くの飲み屋にいる、という。しゃあない。 U氏の携帯に証拠の伝言を残してから出かける。出かけた先は会社の前の大通りを越して2軒目のビルの4階の居酒屋であった。 後から帰ったはずのWも居るではないか。Kが言うには「忙しそうだったから。。。」 Tさんの知り合いの女性のお母さんがこの店のオーナーをしている、との事で紹介を受ける。 げげっ、また会議室が増えてしまった。『さざんか』
2000/08/24
(Thu)
 HがN社に提案書を持参するので、準備と打ち合わせ。 結果は、、、営業部の移転に間に合わない事と予算が無いとの事で今回は無限延期となる。 7割方は期待していたのだが。残念。
 L社U氏が明日厚木P社に訪問予定の準備と付き合いをメールと電話。
 エージェント形式の監視プログラムのテスト。 明日の現地テストに間に合わせるために、暫定版のままでU氏に送付する。
 同じ人物から連続3回の営業の電話。「あなた、さっきも掛けたでしょう!」
 夜の10時過ぎになってから、ビックウィンという会社から電話。コピーFAXの消耗品が安くなる、という電話である。 ここもよく掛かってくる。しつこい。 「この時間に営業の電話は非常識でしょう!」と怒鳴りつける。「また改めます」って改めなくてよい! 本人はノルマ達成の為に必死なのであろうが、同情する理由は無い。
2000/08/23
(Wed)
 M社F氏来訪。この方は当社に在席しているH、K、Wの元の会社の先輩である。 今、されている仕事の話をしばらくして帰られる。お土産にヨックモック風の菓子詰めをいただく。 今度はお土産には発注書をくれ〜〜。
 L社U氏来訪。溜め込んであった発注書と請求書を含めた事務処理。 無理して駆け込み発行をしたい物件もあるが、難しそうなので確実な物件だけの処理とする。 はぁ、今期は赤字確定。当社の決算は8月なのである。仕掛かり計上で操作しても詮方ないし・・・それより資金繰りがまわるかだ(泣)。 み〜んな(社員も含めて)株ジンは儲かっている、と勘違いしている。
2000/08/22
(Tue)
 急遽、W女史に監視プログラムのデータ取得をソケットで取り出す事に変更依頼をする。 私の方はエージェントの仕組みを組み込む事にする。
 S社の操作説明書作成をしているKより、後からつけたデータ保存ボタンでエラーしか発生しない、つまり正常にコピーが出来ない、という。 調べてみると、ワイルドカードは使用できないコピー命令を使用していた。私の手抜きである。 仕方が無いのでファイルを一つずつコピーする事にするが、ファイルの指定などは面倒なので、そのディレクトリには対象ファイル以外が潜り込まないように、INIファイルで調整をする事にする。
 Hに依頼の保守プログラムが使い勝手が悪い。私が指示したのだがね。ボタンを一つ追加依頼をする。おいおい、半角の空白はANKだってば。
 L社U氏が現地より現状の中間報告。 手抜き参照系の一部に帳票印刷(ハードコピーではなくて)必要になりそうであるとの事。 これは目に見える変更となるので別料金が取れるであろう。
 L社T氏が客先から言われた、という事で客先指定形態の進捗表の作成をして欲しいという。 検収時の今更になって、んなもの出来ない、と断る。伝言係だけでは困りまっせ。 元々あるのであればこちらも検収チームを編成して見積もりも倍くらいでしまっせ。
 P社I氏より、N社の営業部移転に関わるシステム変更の打合せの件で出席して欲しいという。 どうも前回提出した見積りの説明と値切りの交渉らしい。Hに資料作りと訪問を依頼する。
 そうこうしながらも、エージェントの目鼻だけつける。
 と、T女史より電話。同女史は前の会社の一年後輩である。 主婦をされていて旦那(職場結婚なのでこの方も私の友人)が出張中で暇らしい。 Z社のK(これも後輩)と夕食を食べる事にしているが場所を決めていない、というので恵比寿に来てもらう事にする。 Kも来訪。二人で先に店に行ってもらう事にする。 しばらくして店から電話が来たので、未テスト状態のエージェントプログラムの操作だけをWに教えて、先に帰る。 『あすか亭』
2000/08/21
(Mon)
 P社向けの改訂作業。
 無言電話が二回ほど。00/08/21 13:08:31  C社Iさんからの見積依頼の物件。 納期と人員的に間に合いそうにも無いので見積だけはして、辞退のメールを差し上げる。
 From *****TEL。融資。お断り。
 今回サブシステムを分離して受注しているS社のS氏から電話。VC++の仕事があるらしい。もらうか。
 L社U氏が広島P社の現地より連絡。 監視されるためにTAで接続している計数機制御のPCがだんまりとなってしまうらしい。 結局はネットワークの設定がきっちりしていないらしいのだが、ソケットで監視をするか。
2000/08/20
(Sun)
 P社の改訂作業を継続するが、水平分散型データベースの同期手法に微妙な矛盾が発生しそうなのと苦労(集中)が報われそうな気がしなくなったので、中断する。 後でメールで確認後に続行する事にする。
2000/08/19
(Sat)
 昨日の問題の解消の為に、W女史も出社している。 そこそこ目鼻がついた頃に、Kさんから電話。 恵比寿に来ているのでビールを差し入れしたいというので、日本酒の冷酒もお願いする。 高尾山の奥の方まで散策に出かけた帰りだという。 当然その後は会社で、ビール3リットル、日本酒小瓶1本、赤ワイン1本を空けてしまう。
2000/08/18
(Fri)
 L社の検収の一環として、厚木P社訪問。データ収集が遅すぎる。 が、結果としてネットワークの設定の問題ではなくて、TAのスピードの問題と判明。 がっくり。急遽DBの置き場所を含めて改訂準備をする。
 帰りはロマンスカーでビール。帰社後に、社員と社員の甥のTさんが途中から合流して、『紋平』『藍』とまわって朝。
2000/08/17
(Thu)
 L社U氏より支払いの件の確認メール。愚痴メールを返す。
 保守プログラムの中途検収をする。おいおい、ソースが全然違うってば。落ち込み。
2000/08/16
(Wed)
 目が覚めたら11時過ぎであった。
 HにP社向けの保守プログラムの開発を依頼する。
 O社S氏よりFAXと電話。全銀手順でデータの集配信の仕組みの案件の見積依頼。
 L社U氏来訪。広島出張の件と今回の問題点の洗い出しをする。請求事務処理の打合せ。
 DOBATO_BRANDをアップする。
 C社I氏、御来訪。アフィリシエイトプログラムの構築の見積依頼。 アフィリシエイトとは何の事か分からなかったが実は、おっとチャックチャック。 I氏がOBになってからの苦労話を拝聴する。私が持っているOB情報の一覧を進呈する。
2000/08/15
(Tue)
 O社S氏より電話。O商事のデータ送付の件。CSVファイルのDB化を始める。
 L社U氏が広島から電話。P社のシステムのネットワークからのデータ収集時に2分ほどだんまりになってしまうらしい。 ルーター越えの設定の問題なのか。N社のログからLMHOSTSとHOSTS関連発言を引っかき集める。 半日掛かる。煮しめ(LZH)にして送付する。
 帰宅すると、誰もいない筈と思っていたら長男が一人でギターを弾いていた。 一人で早めに帰ってきたらしい。子供の食い残しのカップ麺をつまみに飲むが足りない。 冷蔵庫にイカがあったのでバター焼きを作る。久々の大ヒット。

 では、イカのバター炒めのレジメ。
イカのスカートの下から手を入れて、内臓を抜き出す。すんなり取れる。イカの皮を剥く。 この時は三角のひれの方から剥くとうまくむける。 フライパンにバターを乗せて暖める。イカをリング状に切断する。げそと内臓を分離する。 げそは適当に切断してフライパンへ。ピーマンを適当に切る。 青菜があったのでそれも適宜に切る。煙が出てきたので酒を掛ける。 ピーマンと青菜を入れてそのまま炒める。ここでおもむろに内臓をぶちまける。 水気を少し蒸発させてから、醤油と塩を適当に。 イカ焼きのにおいが充満する。はい出来上がり。これはいけます。 ピーマンと青菜はたまたま冷蔵庫にあっただけでなんでもよろしいでしょうね。 ただそれ以外にナスとかきゅうりもあったが私はご遠慮いただいた。
 NHKのフルハウスを見てから寝る。
2000/08/14
(Mon)
 会社全体の夏休み期間は設定していないので、3名ほどが出社している。 一日会社にいても仕事関係の電話は、広島でセットアップ中のL社U氏から一件だけ。 何でもコンバータを忘れてしまったので東京から送付されるのを待っている状態らしい。それ以外はほとんど開店休業状態である。
 W女史が、自己経歴書をHTMLにした、というのでHP内に「スタッフ紹介」欄を作ってみた。 他の社員も発憤して自主的にアップしてくれればよいのだがね。なんだか夏休みに宿題をしているような気分でもあるね。
 A社Kさんより電話。この日録?の日付がダブっていたらしい事のご指摘。そのまま強引に恵比寿に招聘、おいでいただく。 『周乃家』『藍』とまわってまたまた朝帰り。今日(既に15日)は妻子がいないので堂々としたものである。
2000/08/12
(Sat)
 朝帰りでぼーっと寝ていると、ごそごそと音がしてドアの開閉の音がする。 「おとうさん、私たち帰りますからね。」と妻と子供が出ていってしまった。そりゃそうだな、 と納得する・・・・
五十嵐家は帰省である。
2000/08/11
(Fri)
 L社U氏より電話。続いて厚木P社のセットアップ中である。 キャノンのプリンタでエラーが出る、という。 プリンタではなく、プログラムが呼び込んでいる、PrintCrt.exeが入っていないためである。 最新版の、PrintCrt.exeと残暑見舞いをかねて、SuperCAP.exeもリリース、送付する。
10/06/17一部文言削除  勢いに乗って、以前に作成した「むしゃ電」を改訂する。これも、DOBATO_BRANDとする。 このプログラムは、メモ帳等で適当な数字もしくは数式の羅列をクリップボードにコピーして起動すると、 計算結果を吐き出すプログラムである。私は秀丸のマクロに連携させて使用している。
 O社S氏がM花卉園芸より電話。セットアップとモデムの設定でてこずっているらしい。 今回Win95と98を混在したら、95の方が動かなくなったという。 今回のものは、98でVB4(16ビット)でコンパイルした。 98では動くが、95では動かない、らしい。 INIファイルの切り替えでFAXソフトのパスを切り分けているが、その設定が悪いだけではないだろうか?と設定を疑う。 いずれにしてもお勧めの環境ではないが、98で動かないのなら話は分かるが・・・。 私は、07/19日に、95を依頼したのであるが、98が届いたので担当営業に連絡。している。
 上記の対処中にY工業I氏より電話とFAX。 一年以上前に依頼されてうやむやとなっていた手直しの件。
 L社T氏来訪。今後のスケジュールをたずねると「14日からの結合テストは一週間延期となった」との事。おいおい、 もう少し早めに通知していただきたい。 田舎出(私の事)の人には14日からの週は重みのある週なんだってば。 わたしゃ、そのつもりで帰省を止めたのだ。ったく。何の為に急がせたのだ!といいたい。
 O商事A氏より電話。データ保守用のパラメータライブラリを削除してしまった、ら・し・い、という。 「他のコンピュータのライブラリをコピーすればよろし」と答えると、 同期が取れていないのでコピーしても緊急で必要なパラメータが無い、という。 メーカーの技術に連絡を入れたが埒があかないのでこちらに電話した、というが、んなもんこちらで余計に対処できません、と答える。 ヒントは、FILCARというユーティリティを使用すれば元に戻せそうであるが、この操作をする事によってこちらに振られてはたまらないので、技術者の連絡を待つように 依頼して電話を切る。が、どきっ。そのライブラリーってば、8月7日にO社のSさんも触っている筈・・・こんな記述が事実として残っているぞ・・・→ [済]From Mr.S(O社)TEL。不在。O商事のデータ保守パラメータの送付依頼。
 夕刻、Kさん来訪。私は電話対応中であったのでしばらく勝手に遊んでもらう。 まずは、O社Sさんからこれ以上の電話が来ないように、こちらから電話をしてソフトを元に戻す方法を確認しておく。 朝送付済のメールに対する返事が来ない、L社Uさんに電話連絡をして電話がつながらない事を確認(笑)
 準備OK。『紋平』『上海』?『藍』とまわって朝帰り。撮影はKさん。
 (03/01/31 リンク変更)
2000/08/10
(Thu)

DOBATO_BRAND
 K社T氏から、仕様サンプルが届く。質問点を3点ほどつけて概算見積をメールする。 なんだか、ぁゃι<て、単なるアイミツでない事を祈る。どっちにしてもこちらのすべき事はした。
 SuperCAPのCopyright画面作成。 昔、Yeemarさんにいただいたアイコンをつけた。ついでに、DOBATO_BRANDという命名をした。
 O社S氏より、O商事から電話。O商事社内デモ用のデータの取り出しの問い合わせ。
 S社K氏より、A電氣のリモートメンテのテスト実施の件。 pcANYWHEREでA電氣に入り込み、そこから基幹システムのオフコンに入り込める事を確認。 基幹システムを担当しているSに操作をしてみせる。
 From Mr.**(******)TEL。コピーFAXの営業。From Ms.**(****)TEL。財テクマンション。お断り。
 (03/01/31 リンク変更)
2000/08/09
(Wed)
 朝帰りで午前中休んでいると、昨日のT氏(K社)からの伝言が入る。 「見積書持参で4時に会社に来て欲しい。」・・・資料も無しで空見積書を持参せいってか。 仕方なく出社してとにかく資料を送付するように連絡して、訪問はしないことにする。
 不在の間に、昨日連絡を下さったC社I氏が来訪してお帰りになった後だった。 私が昨日に「ほとんど在席しています」といったので連絡無しでいらっしゃったらしい。 会社案内と名刺を置いていかれたので、不在のお詫びのメールだけ差し上げる。
 L社U氏より電話。厚木P社向けのセットアップで苦労しているらしい。 が、原因は増設ボードという事は分かっているのでこちら(ソフト)で対処のしようがない。
 昨日今日と、OBづいている。U社Mさんから電話。今度も初めていただく電話である。 「FORTRAN系の出向要員」をお探しとのこと。D社を紹介して切り抜ける。
 突然思い付いて、タスクバー待機型画面キャプチャーを作ってしまう。 今までの私の力量では、一回こっきり型画面キャプチャーは実現していたのたが、待機連続型をどう作成すればよいのかが分からなかった。 が、ふとひらめいてしまった。大枠が完成する。 キャプチャーした画面にはしっかりと会社の名前とタイムスタンプが乗る仕組みである。SuperCAPと名づける。 そのままプリンタでもFAXにでも印刷可能。かつファイルに保管もする。 つまりこれは、簡易電子透かし機能と証拠機能を併せ持つわけである。 ネットで探せばいくらでもありそうだな・・・  (03/01/31 リンク変更)

2000/08/08
(Tue)
 聞き覚えの無いT氏という人から電話。 またまたストーカーの悪戯電話かいなと思って対応していると、前の会社の先輩のT氏(K社)であった。 OBとなってから電話が掛かってくる事はなかった方である。 とあるシステムの検索系と表現系のソフトの見積を依頼される。
 OBのH氏から電話。何でも急ぎの話で「1千万のリースを組むので50万の手数料で事務処理をしてくれないか」 という。ぶっちゃければ「空リース」で現金を廻して欲しいらしい。この方はいつも突然電話を掛けてきて、横柄な口の利き方をされる。 一応先輩なので「当社の物件にしては高すぎる金額なので、」と丁重(慇懃)にお断りする。15%程度なら事務処理をしない事も無い。 金額が大きすぎる、という私の返答に対して「今の年商はいくらくらい?」と聞いてくるので「要らぬお世話でしょう!」と撥ね付ける。 時節柄か。
 これも、OBの方で、I氏(C社)から初めての電話が掛かってきた。当然ストーカーのいたずらかといぶかってしまったら、OBの方であった。 JAVAの即戦力の人員を探している由。C社はカオス系の技術(ロジック)を使用したパッケージを持っているとの事。 私は昨日まで「複雑系」の小説を読んでいた。珍しい事は良くある事だ。
 L社T氏よりK宛に電話。「新高円寺の改札で待ち合わせをしているのだがまだ来ていない。」とぶすっとした声で言う。 Kの携帯に電話をすると「駅の外で待っている。」というので、改札口に行くように指示する。 なぜこうなるかというと、確かに便利であるが、携帯を持っているという安心感が原因であると思われる。 現地に着いた後でKより電話。 予定のPCが使用できなくて未セットアップ状態のPCでテストをしなければならないらしい。 んな話は聞いていない!と突っぱねてもしょうがないのでセットアップを2種類作成して先方のアドレスにメールする。 7Mの送付で50分掛かる。
 L社のT氏も「端末側の設定FDが現地に無い」との事で急遽高円寺と恵比寿を往復している。
 再度、Kより電話。セットアップをしたが、”SysInfo.ocxが適当ではありません。”とメッセージが出るという。 SPは当てたかどうかと聞いていくと、こちらから送付したセットアップの片方しか実施していない事が判明。おいおい!
 S社H氏より、Nに電話。L社U氏よりテスト中にネットワークエラーが発生する、との問合せに、んなことはない、と答え、C社O氏よりS宛の電話に「Sはお休みをいただいている」と答え、O社S氏から「M花卉園芸の本稼動は11日から」との連絡に「試用版の期限が切れますよ」と答えているうちに、きたきた。ストーカーのいたずら連絡メモによる被害。  From Mr.**TEL。五十嵐宛に連絡するようにとの伝言があったらしい。00/08/08 16:27。私は、はたと気がついた。 こいつは、自分が掛けるべき電話番号の一覧を保持している。掛けられた方にとっては不特定であるが、そいつの組織の中では特定多数なのである。

手口はこうであろう。

わかりやすくそのストーカーの所属する会社をT社、本人をSNと仮にしておく。 その会社を仮に財テクマンションを扱う会社としよう。
SN:名簿を見て電話をする。その際自分の名前と会社名は言わないで『U社長います?』とかいう。 これは迷惑電話営業の時によく経験する事である。電話を取り次いだ人に、U社長の知り合いのような印象を与えて誤解させるためである。
対応1:『どちら様でしょう』というときには、自分の名前で取り次いでもらって自分の営業を始める。 但し千に1つも商談にはならないであろうから、ストレスが溜まったりした時にはその相手の電話番号と氏名を書き留めている。
対応2:『居りませんがどちら様でしょう』というときには『五十嵐と申しますが、3442-OOOOに電話を下さるように伝言をお願いします。』と言って電話を切ってほくそえんでいる。

 どうだい?セキ○!
 夕刻は、高円寺組へのテスト打ち上げと称して新井薬師まで繰り出す。 『初波奈』で待ち合わせるが店が開いていない。 仕方なく隣の店で飲んでいるうちに、高円寺組の到着と前後して開いたので場所を換えて朝まで。
2000/08/07
(Mon)
手抜き
モード
 
[済]From Ms.W。金曜日の領収書。
   12000+4000+9500=25500
[済]06:00pm、Mr.Hの誕生会。
[済]PrintCrt.EXEの改訂作業。
[済]To Mr.K。S社の引継ぎ。
[済]Mr.T(L社)来訪。
[済]From Ms.****TEL to Ms.Y。不在。
[済]From Mr.G(S社)TEL。中央林間にいる。後1時間程度。
[済]Mr.G(S社)来訪。
[済]Ms.A来訪。
[済]夕刻『周乃家』『上海』Mr.H・K・Ms.W・Mr.G・Ms.A。
[済]From Mr.S(O社)TEL。不在。
   O商事のデータ保守パラメータの送付依頼。
2000/08/06
(Sun)
手抜き
モード
 
[済]S社の手直しとまとめ。
[済]VBで連続運転を仕掛ける。
2000/08/05
(Sat)
手抜き
モード
 
[済]01:00pmM花卉園芸、納品。Mr.N澤。
[済]From Mr.N、TEL。
   ・Mr.Sが遅れている。
   ・本日は、セットアップまでで終了とした。
   ・旧PCのまいと〜くFAXはそのままとした。
[済]S社セットアップ用文書作成。
[済]From よし祥TEL。うなぎらしい。
2000/08/04
(Fri)
ストーカー
発生
 
[済]Mr.H、N社訪問。
[済]Mr.N、休み。
[済]To Ms.W。結果データ抽出の仕様変更。
[済]To Mr.K。LISFDの媒体変換開発依頼。
[済]From Mr.**TEL。間違い電話第四弾。13:30pm頃。
   同氏は携帯にも時々電話が入るらしい。

[済]夕刻『丸福』『藍』?『はちまき』『よし祥』Mr.K・Ms.W。
2000/08/03
(Thu)
ストーカー
発生
 
[済]Mr.U(L社)来訪。
[済]From Mr.H(N社)FAX to Mr.H。
[済]From Mr.T(O社)TEL。M花卉園芸の件。
[済]From Mr.**(********)TEL。お断り。
[済]To Mr.N。M花卉園芸のFAX送信引継ぎ。
[済]From Mr.H。N社の件。
   ・貸出マスタに遷移するときに、伝票番号に納品書番号をセットされている。
    受注伝票番号のセットに変更した。
    ProgressBarで落ちたので注意。
[済]テスト用バーコード作成。
   Msvrのキーが化けるようになった。
   pcANYWHEREが原因らしい。HANA3も同様の現象発生。
[済]間違い電話第二弾。3442−4641で原と名乗る。
[済]From Mr.***?TEL。間違い電話第三弾。*と名乗る。00/08/03 17:39:53

2000/08/02
(Wed)
ストーカー
発生
 
[済]From Ms.W。日報印刷の開発依頼。
[済]To Mr.H。事後訂正のキー操作について。
[済]From Ms.Y。Mr.A(H信金)来訪。印鑑使用。
[済]From Mr.S(O社)TEL。
   ・M花卉園芸の納品について。
    08/05日にしたい。Mr.N確認OK。
   ・O商事について。
    発注について。N電が取りそうな気配か。現行の発注トランレイアウトをFAXした。
[済]To Mr.K。FTP部分の開発依頼。
[済]From Mr.H。N社の件。
   月報で貸出返却数が合わない?
[済]From Mr.H。N社のトラブル。月報で実行時エラー?訪問。
[済]Ms.Yは、いまだに旧財務パッケージを使用している。
   伝票を持ち出している?
[済]From *********TEL。仕事の物色。
[済]From Mr.T(O社・大宮)TEL。発券機通信の件。
   電話で繋ぐまでが3割程度、実機との通信とデータ収集部分が7割程度と答えた。
[済]From Mr.**(****?)TEL。間違い電話。
   3442−****、五十嵐のメモがあったらしい。

[済]From Mr.U(L社)TEL。パトライト接続確認。
   IXPが再発したらしい。
[済]From Ms.F(O社)TEL。
   O商事の日次トランのメール依頼。メール済。
2000/08/01
(Thu)
手抜き
モード
 
[済]From Mr.U(L社)TEL&メール。
   ・LDSの更新の不具合。
    LDS側の問題であった。
   ・通帳印字で通信失敗。
    データ長が、16→20バイトであった。
   ・S社への行き方。
    銀座線、赤坂見附を渋谷よりで降りる。
    そのまま歩くと改札に出る。
    100メートルほど真っ直ぐ歩く。
    左手にエスカレータがある筈。
    2つめのエスカレータにのる。
    地上に出る。お堀端の筈である。
    正面にレストランがあって、手風琴風の楽器を持った人形があれば正解。
    03:55pmまでにたどり着く事。
    Mr.G(携帯)      : 090−****−****
    L社・T・携帯 090−****−****
[済]To Mr.U(L社)メール。
   L*****400.EXEの最新版の送付。
[済]04:00pm、S社赤坂訪問。(130+160)*2。
[済]Mr.G(S社)来訪。
[済]夕刻『紋平』Mr.G・H・K・Ms.W。
 
 
 
もどる

気まぐれリンク

2000年07月
2000年06月
2000年05月
2000年04月
2000年03月
2000年02月
2000年01月
1999年12月
1999年11月
1999年10月