Japan Intelligence Network 
  きまぐれりれき2003年12月   履  歴 業  務 戻  る
「お断り」
掲載者の意図以外の検索対象となっているようです。
営業電話応対記録「お断り」部分を削除してあります。
10/07/23 改訂・・・
2003/12/31
(Wed)
 4時起き、子供らは一旦寝ると起きられないとの事で徹夜していたらしい。子供2人と 会津若松中央病院に義父を見舞い、年越しをする。日帰りの予定であったが実家が歩いて も5分ほどである。実家に泊まって年越しそば。
 (04/01/03記)
2003/12/30
(Tue)
 L社T氏より電話。T氏は大阪に帰省中との事。SKで昨日より通信不良が発生して代 替機で運用しても改善しないとの事でオフラインで運用中との事。ログだけでも入手する 事にする。
 鹿沼のTより電話。Kと一緒に明るいうちから忘年会を始めてるらしい。Kの方は殆ど へべれけ状態である。
 湯豆腐にしようと材料(といっても豆腐だけ)を買って帰ると、子供たちがカレーを作っ ていた。少しは掃除と片づけものなどもしたらしい。
 妻からの電話で急遽明日に日帰りで帰る予定とする。子供に電車の時刻と朝の時間の確 認をしておく。
 深夜にメールを受信すると、L社からログが届いていた。コメントを回答して、明日は 連絡がつかない旨のお断りをしておく。
 (04/01/03記)
2003/12/29
(Mon)
 大掃除と納会。
 KさんとFさんが納会に差入れ付きでご来訪。
 冷蔵庫を開けると何故か新聞紙に包まれた大根がある。ちょうど納会で大根の話をした ばかりである。近所の人に貰った大根らしい。生でかじってみてもみずみずしい。では、 私もと、4つほどに輪切りにして皮をむく。電子レンジでチンする。娘の残した味噌ラー メンの汁があったので鍋に入れてチンした大根を入れて煮込む。大根のアクなのかラーメ ンの汁のアくなのか大量に出てくるのでそれをすくう。味噌を追加していれて酒を少々い れて色が着くまで忘れた頃に時々上下をひっくり返して煮込む。少し固いが、んまいぞ。
明日になればもっと美味くなっているか。
 (04/01/03記)
2003/12/28
(Sun)
 朝方に朦朧とした鬱状態で頭痛。
 妻から子供に小遣いを渡すようにいわれていた。紙幣を半分に折ってねじると枚数が倍 に見える。「特別だからね」といって渡すと、子供の表情が、驚→喜→理→笑→怒→哀→ 諦と変化した。
 息子の友達が「パパさんへ」といって日本酒を持ってきた。
 出掛けに学芸大と中目黒をまわる。年末年始用の本探し。「会津士魂」がそろっておい てあったので、三四巻とを合わせて8冊購入。帰ってから気づいた。今読んでいる「会津 士魂」は続編なのである。他に筒井康隆の本と中島らもの本も既に購入済の本のような気 がしてきた。惚けているのか、それともこれは神様が「もう一度読み返しなさい」と言っ てくださったのかと、いわねーいわねー。
 明日は会社の納会(大掃除)、出社できなくなる可能性もあるかも知れないと思い立ち、 自分の机の上だけでも片づけておく事にする。丸一年机の上に積み上げてきたメモ用紙仕 様書購読紙DMを腑分け作業。ほとんどはゴミと裏紙を使用するメモ用紙となる。
 (03/12/30記 04/01/10訂)
2003/12/27
(Sat)
 妻より電話とメール。急遽本日中に田舎に帰る事にするとの由。予定はすべてすっ飛ば し状態。

 「棚から哲学」土屋賢二・春文庫 4-16-758805-6 (3115)
 決して電車の中で読んではいけません。思わず吹き出して変なおじさんと勘違いされま す。へ理屈の本なのでそれなりに頭も爽快状態になっていないと読み進めるのも苦痛にな ります。
 (03/12/30記)
2003/12/26
(Fri)
 年賀状の印刷。連続印字をしたら30枚ほど失敗。W女史に書き損じはがきの交換依頼 をする。書き損じは1枚5円で交換できます。知ってましたか。
 PS社H氏より電話。WFシステムの概算見積の予算?について。役割分担等を明確に すれば収まる方式は色々考えられる。
 OA社W氏よりデータ変換作業は来年になることとお誘いの電話。お誘いの方はお断り する。ポイントが2になったとか。
 ボールペンを購入してきて年賀状の宛名書き作業。単純作業であるが書き進めていくと だんだんとハイになる作業である。
 L社U氏より、ファイル操作の手法などについての問合せ。
 HPのアップ。メインページも正月版に改訂してみる。
 (03/12/30記)
2003/12/25
(Thu)
 W女史よりT大学の設備の件は来年にも打ち合わせとか。
 年賀状をまとめて枚数を確定、W女史に手配を依頼する。
 OC社M氏よりZL社の積み残し作業を本日実施するとの連絡。
 L社I氏よりAT社の年末年始の自動稼動についての設定の確認の電話。
 大家さんより先日のお通夜のお返しをいただく。
 L社M氏来訪。今月分の事務処理と仕掛予定のスケジュールなど。
 JRKの入力系に着手。仕様の確認メールなど。
 From Mr.**(******)TEL。「SEのデータをFAXしたいのでF AX番号を教えろ」との電話。いきなり技術者のデータを教えるといわれてもこちらも困 るがどういう事かと尋ねると電話が切れた。気の弱い技術者が営業で電話をしているのか とも思ったが「FAX番号を教えろ」の電話ではろくな事がない。
 From Mr.**(****)TEL。運転資金、お断り。
 OC社M氏よりZL社からN宛てに電話。
 夜は恒例?となった小田和正のTVを見る(聞く)。
 (03/12/30記)
2003/12/24
(Wed)
 ベクターのランキングが前回と変わっていない。年末で業務終了なのかな。
 L社U氏宛てに12月分の事務処理依頼のメールを差し上げる。
 WFシステムの全体図と資料を作成して、PS社H氏宛てにメール、IT社S氏、I氏 には資料準備中の旨のメールを差し上げる。
 自宅の年賀状用の名簿の整理など。
 アメリカではBSE発生。

 「榎本武揚 改版」安部公房・中公文庫 4-12-201684-3 (3114)
 「続 会津士魂 二」で函館戦争のところまでいったので、榎本武揚の方に寄り道。
安部公房の小説の主題は全然違うところにあるらしいが、小説は読み手の勝手である。
 (03/12/26記)
2003/12/23
(Tue)
 今年も会社の年賀状をどうしようかと思いあぐねる。それで毎年後悔している。今年は 会った方だけを抽出してみる。
 名古屋の空では札が降ってきたらしい。「平成のえじゃないか」。やはり東海地方から 始まったか。総額で50万ほどらしいが。
  「ええじゃないか」騒動が東海・近畿地方を中心に大流行したのは幕末、
  慶応三(1867)年から翌年春にかけてのことである。夏の日の未明、東海
  道の牟呂(むろ)村(現在の愛知県豊橋市)に突然、神社のお札が振って
  きたという。その話をきっかけに民衆はだれともなく踊りだし、歌い狂い、
  色とりどりの、(「えじゃないか」出久根達郎・中公文庫、解説より)
 ♪えじゃないか、えじゃないか、お札が空から降ってきてもえじゃないか、
  えじゃないか、えじゃないか、三千万円ゴミにして捨てたってえじゃないか、
  えじゃないか、えじゃないか、国債発行して国中ゴミだけ、えじゃないかえじゃないか。
  (ト、下手へ去る・・・)
 (03/12/26記)
2003/12/22
(Mon)
 R社O氏より「午後は在社しているか」との電話。外出予定である。
 午後は、PS社H氏と新宿駅南口で待ち合せて、IT社訪問。WFシステムの打合わせ。 後日に見積り提示予定とする。
 JRKのINIファイル系の見直しなど。
 MD社K氏より退社したS氏宛てに電話。連絡先を尋ねられる。住所も電話番号もわか らないわけではないがメールアドレスだけをお伝えする。
 OA社W氏よりお誘いの電話。お断りする。お断りするたびにポイントカードが溜まっ ていくとか。ただ、そのポイントカードの使いみちが無い(笑)。
 (03/12/26記)
2003/12/21
(Sun)
 S氏の開設したメールマガジンの第1号が届いていた。内容の感想ではなく、一行の文 字数などについての感想メールを差し上げておく。
 PS社H氏より、明日の訪問先のIT社の地図。新宿駅から携帯に電話をくれれば迎え に来るとおっしゃる(書かれている)が、私は携帯不携帯者である。駅の電話ボックスっ てまだ残っているだろうか。
 JRKの参照系の気になる部分に手を入れてみる。こんな事をしているといくらでも時 間が掛けられる。他のプログラムも具体的に手をつけねばならないが仕様が不安定なので まだ入力系は触りたくないし。

 「小林秀雄の流儀」山本七平・新潮文庫 4-10-139422-2 (3113)
 白洲正子の本を読むと、小林秀雄、青山二郎、白洲次郎といった人々がそこここに出て くる。それで手にしたのがこの本である。高校時代に「様々なる意匠」を読んだ記憶はあ るが、薄い本だったから手にしたのであろう。小林秀雄がドストエフスキーを評論した章 の中に「悪霊」「白痴」罪と罰」などに言及した文章がある。「悪霊」を読み通すには根 気がいりそうだが「罪と罰」くらいはいちどきちんと読んでおきたいものだなどと思って いたちょうどその頃にフセインの隠れ家で「罪と罰」の本が見つかったとのニュースがあっ た。何という同時性か(笑)。ちょうどその頃、世界中で4、5名はフセインの風貌から 私を思い出していた人もいたらしい(笑)。日本中としても4、5名でおんなじだけど。
 (03/12/25記 04/12/02訂)
2003/12/20
(Sat)
 妻と自由が丘に買い物に出かける。自転車で行く予定が子供が乗っていってしまったら しいので私は電車、妻は自転車で出かける。めぼしいものが無いので何も買わずに帰る。
 HPのアップ。
 PS社H氏に月曜日の待合わせの確認メール。ついでにPS社の作成されたIT社のH Pを参照する。どうも他人の誤字脱字はよく見えてしまう。恐れながら、で、誤字脱字を 指摘しておく。
 JRKの参照系の細かいところをこねくりまわしてみる。
 (03/12/25記)
2003/12/19
(Fri)
 MD社との基本契約書に押捺。郵送依頼。MD社T氏に送付通知メールを送付。
 RD社K氏来訪。電話機まわりの定期点検とか。FAXを入替えてグローバル着信対応 型に変更するとNTT基本料金も1600円から800円に下がるとか。当社のFAXは殆ど受 取人負担のダイレクトメール受信機状態である。他には月に一度の振込があるかどうかの 為に銀行に月々3150円ずつ支払っている。こちらも考えるとだいぶばかばかしい話。
 L社U氏よりJRKの仕様確認用ファイルのメール。コメントを付記して返送する。
 JRKの開発作業。
 VB系MLに投稿、往復で2通。
 H氏より、来年の1月22日に、 「ベンチャーフェア2004で講演会」でセミナーの講師をされるとのメール。申込 みは先着80名とのこと。行かないでつば付け(予約)だけするのも失礼だし。もう少し 待ってから判断する事にする。
 OT社A氏より、NU社の見積の件で問合わせ。まだ詳細の打合わせもしていないので S氏の概算予想であろうと答えておく。
 L社U氏より以前のDM社の参照系のプログラムの表示についての問合せ。今回は使用 しない形態であるが、「このようになっていないのは片手落ち」とのコメントがあったの で、「片腹痛し、熟慮の結果の仕様である」と返送しておく。
 (03/12/25記)
2003/12/18
(Thu)
 元の会社のOBの大先輩のI氏より長野県に転居されるとの挨拶メールが入ってきた。 面白いのでこちらに転載しておきましょう。→ 『転居しました』 転載承諾確認済、謝謝。
 Iさんが私に多大な影響を与えなかった、などとは言わせない。但し、だいぶねじ曲がっ た影響ではあるが(笑)
 PC社T氏よりN宛てに電話。旧バージョンのややこしそうな話をしている。
 OC社M氏よりN宛てに電話。ZL社の確認でもされておるのか。
 PS社H氏より、IT社の別案件、WFシステムを構築したいとの電話。電話でほい、 という内容でもないので後日に訪問予定として、使用する機械のURLなどを確認する。
 JRKの検索系、仕組みを変更してみて7秒掛かるところが1秒以内に短縮できた!。 喜んでいいのか元のアプローチがまずかったのか。
 (03/12/24記)
2003/12/17
(Wed)
 L社U氏より電話。昨日の京都のデモはほぼ良好との事と質問点の解消と新しい要望点 などについて。
 L社T氏よりSK社での夜中のトラブルについての問合せ。結果は事無きを得たらしい が、エラーメッセージの内容を確認しておきたいとの事。
 MD社より基本契約書が郵送されてくる。収入印紙が無いのでNに入手を依頼する。
 OB関連らしきHPの検索など。
 L社U氏来訪。JRKの打合わせ。
 HPのアップ。
 フジテレビでは、「北の国から」の連続放映中であった。子供らは帰ってきていないら しい。しまった、失敗した。妻と二人だけで見るんじゃなかった。
 (03/12/20記)
2003/12/16
(Tue)
 Nより昨日のスケジュール等の回答。私の勝手な期待日程と違っているので苦言メール を出しておく。判るスケジュールにしてくれ!
 Nより昨日の特別控除関連については問題無しとの同報メール。妻宛てには、「ぱぱっ と読んであなたが理解出来るかどうかは判りませんがネ(((^^;」とおちゃらけメールを出 しておくと「ばかにすんでね!ぷんぷん」とメールが返ってきた。
 W女史より、MD社から事務報告メール。T大の案件への業者登録を事前にしたとの事。 そういえば、S社からは、11月29日に、「TからGN社N様を通じて管理の方に確認 中です。」とのメールがあったきりでその後の連絡も無し。どうなってますか?>Gさん!
 OTN社S氏より電話。夏場に会社を設立予定との話から連絡が無かった。OTN社を A氏と設立して現在はOT社の事務所で業務中とか。NU社の件の引合いについての話。 S氏の連絡先も判らないままだったのでメールアドレス住所等を確認する。OT社A氏に は、S氏からの連絡ありと報告メールを入れておく。
 スケジュールにのせていたあてにならない案件を3件ほど削除する。
 W女史がMD社の事務処理で帰社。4年前に開設してあった当社の口座も無くなってい たとかで、取引先口座開設用の書類の再記入。
 OA社W氏よりお誘いの電話。お断りとする。
 JRK社の参照系の試作がとっても遅い。SQLの見直しをしてみるが頭がガス欠状態 でテンションがあがらず。無闇(無駄)な試行錯誤状態に入ってしまいそうなのできっぱ りと作業を止めて帰る事にする。
 (03/12/20記)
2003/12/15
(Mon)
 昨日HPが工事中となっていたTH社N氏にメールを出したら、メールが戻ってきた。 N氏は元の会社の同僚。これは大変(なにが)と思い、恐る恐る電話をしてみる。本人が いた。「HPは工事中、メールは届かない、どうなっとんじゃ?」「あ、HPは作り直し 中」「メールも届かないのは、ぁゃしぃ、、で確認の為にそちらからメールを送付してみ られたし」まもなくメールが届く。おかしい、と私が出して戻ってきたメールを良く見る と、.coが.cpになっていた(泣)。あっはっは(乾)。「ロゴもついてない工事中のHP では怪しまれても当然であろう!」と自分の事は棚に上げてメールを出しておく。ま、そ れくらい(タイプミスをするくらい)慌ててメールを出した訳である。
 L社U氏より、JRKの打合わせの来訪予告の電話と来訪。カレンダーをいただく。明 日の京都でのデモの準備と確認作業。
 N宛てに回収予定(希望)一覧の確認依頼のメモを出しておく。
 W女史のスケジュールの確認と報告書の体裁など。
 妻より、娘の特別控除の記述を間違えたかもしれないとのメール。細かい話はわからな いのでN宛てにそのまま転送して確認依頼をしておく。
 昨日からの思い付きで、OB在籍会社一覧などを作成してみる。
 PC社T氏よりN宛てにGE社のサポート依頼メール。
 IS社I氏来訪。カレンダーをいただく。来年こそは協業をしましょうという話。
 左側頭部が偏頭痛する。
 JRKの照会系のレイアウトと操作まわりの組込みをしてみる。
 L社U氏より、EXのログ仕様書のメール。質問点のメールを返しておく。ついでにE XLシステムの構想も作っておく。
 From Mr.**(****)TEL。事務所賃貸。お断り。
 (03/12/20記)
2003/12/14
(Sun)
 S氏を含めてOBの方々が個人でも会社でもHPを公開している事が判明したので、O Bだけのリンクリストを作ってみようかと思い付く。バナー探しでTH社のHPを参照す ると、いきなり工事中となっている。どうしたのだろうと変な心配をする。
 イラク、フセイン元大統領が捕獲されたとか。
 (03/12/20記)
2003/12/13
(Sat)
 スケジュールと回収予定などの皮算用をしてみる。帳尻は合うかもしれないでか短期的 に足りない。いつもの事ではあるが。
 HPのアップ。
 S氏に、HPのURLを記述しても良いかどうかのメールを差し上げておく。
 (03/12/20記)
2003/12/12
(Fri)
 MD社T氏より契約書の最終稿のメール。他の部署との調整もおありでしょうから了承 としておく。
 S氏よりメールマガジンも発行するとの通知案内メール。OBのMLにも流しておく。 『世界のGEが日本のSONYを越えられない本当の理由』 というタイトルである。タイトルは過激であるが極めて真摯な文章である。興味のある方 はどうぞ。
 OT社A氏よりST氏から連絡が入っているかとの問合わせ。いまだ連絡無しと答えて おく。
 L社K氏より問合せをしておいたメールについての回答の電話。JRKのマスタ項目の 名称長などについての確認依頼。
 JRKの照会系の構想と試作。
 W女史がMD社の事務処理作業で帰社。事務処理と手続きなどについて。
 アメリカがイラク戦後復興事業で国を選別、結局「戦争は儲かる」ということなのです ね。
 (03/12/20記)
2003/12/11
(Thu)
 昨日のPS社H氏からの話のIT社のシステムの整理と見積をしてみる。見積をメール しておく。ご希望の値とはだいぶ離れているかもしれない。トライアルであることと今後 の展開を考えれば指値でも良いかとも思う。が、他社の案件で今年は「次があるから」の 話で「次」に美味しかったことなどは無いのである。
 OA社W氏よりYS社の件が没となった件の挨拶と9月にあったデータ変換の件は来年 になるとの話。9月に準備作業をしておいた。もう忘れてしまいそうである。
 JRKのプログラムの排他制御まわりをなんとかしてみる。
 L社K氏より、JRKのデータサンプルが届く。ほんとにサンプルでデモの目論見に合 致しない。再度メールにて依頼をしておく。
 S氏来訪。目黒『御門屋』の揚げ饅頭のいただきもの。先日少しだけお手伝いしたPL システムの画面サンプルを見せていただく。だいぶ手を入れて見栄えも格段に良くなって いる。PBについて「こんな事ができるか?」との御相談。勿論出来まっせ、という話を する。「でっかい水の輪<企業社会に活きる>」という本の出版が決定されたとか。
S氏のホームページはこちら→ 名誇゜礼恩のページ
 夜になってから、L社K氏より再度JRKのデータサンプルが届く。御自分で入力され たらしい。ご苦労様でした。ざっと眺めてほぼ良好。明日にもメールを入れることにして 帰る。
 From ****TEL。光ファイバー。お断り。
 (03/12/13記 03/12/14URL追記)
2003/12/10
(Wed)
 雑貨屋(自称)さん来訪。コピー屋(自称)来訪。Nが応対して断っている。本日は飛 込みの物売り(営業)が3件あった。
 RC社O氏より電話。元の会社の先輩である。本日は元の会社のOBの方々と渋谷で飲 み会の予定との由でのお誘い。来客予定なので無理と答える。企画中?のプリンタの話な ど。
 L社U氏とK氏にJRKのデモの為の資料準備依頼をしておく。一発でぴしりと決めて お客様にうなっていただくための仕掛けの準備である。
 大阪出張中のL社U氏より資料準備の件とデモの準備はK氏との間で勝手に進めて良い との連絡とFRLの案件構想の話。
 JRKの保管用フォルダを作成して本格集中作業。
 OC社O氏から届いていたZL社のプログラムの入替作業と報告メール。
 From Mr.**(********)TEL。システムマネージメントツールの 紹介照会。お断り。
 PS社H氏が恵比寿駅より電話。恵比寿駅の恵比寿様の前で待ち合わせとするが、顔が 思い出せない(笑)。ひげをはやしているとおっしゃっていたので、それらしき人に声を 掛けて間違えたところでH氏が私を見つけてくれた。IT社の件と協業の可能性などの相 談。そのまま『さざんか』にてH氏の帰りの電車の終電近くまで。終電を過ぎたかも。
 (03/12/13記)
2003/12/09
(Tue)
 PS社H氏より電話。一瞬誰だか判らずに無愛想に応対をしてしまう。明日に来訪予定 とする。W女史に連絡して明日は社内作業に変更を依頼する。
 案件が少しだけ明確になってきたので、再度スケジュールのメモと状況不明状態の案件 の確認メモを発行。
 PS社H氏より、MySQLを使用したWebの検索の開発が×万くらいで出来るかとの問合わ せ。「無理です!」と答える。以下のような作業分担が全く判らない。◇PC等ハード設 置/◇セットアップ/◇サーバー動作環境確認。サーバーの置場、レンタルなのか自前な のか。/◇テーブルデザイン。テーブルの数、検索されるべき項目等。/◇テーブル保守 の手法。直接テーブル操作をするのか、個別に開発するのか。/◇Web画面デザイン。画 面数。◇システム保守をどうするか。稼動状態の継続維持はどちらがするのか。といった 事々である。
 イラク派兵が決定らしい。

 「夕顔」白洲正子・新潮文庫 4-10-137903-3 (3112)
 今年になってから112冊目の本である。ということは1月に10冊ほどの本を立てか けていったことになるか。今月中にあと8冊の本を読めばちょうど月10冊のペースであ る。別に目標を立てたわけでもないのに区切りがいいからかとかで色気を出してはいかん な。
  一日ニ煙草二箱ト麥酒一升ト
  味噌ト少シノ野菜ヲタベ
  一月ニ十冊ホドノ本ヲナラベ
  ホメラレモセズ
  クニハサレテ
  サウイフモノデ
  ワタシハ
  ナツテイル
 (03/12/13記 04/12/02訂)
2003/12/08
(Mon)
 なんだかうやむやに済まされてしまった案件の予定の削除など。
 L社U氏よりJRKが確定したとの連絡。来週にも別システムでデモ予定で少し手を入 れたいとの話。期限が決まって少し安心。来訪打合わせ、HHHも仕掛であるが来年以降 の打合わせ予定。JRKの既存部分のレイアウトなどの入手。
 VB系MLにコメントの投稿。
 JRKの見直しと設計と構想、具体的になったので少し力が入る。
 OT社A氏より、YSの案件は他社に決定されたとのメールと電話。数字的にはとても 追いつけない見積額である。新潟OA社との案件の話と、NU社の件でS氏から連絡があ るはずとの連絡。全然連絡など無いのである。
 NよりIN社の見積が確定したとのメール。今月中にも具体的になれば良い。
 From Mr.**(**********)TEL。カード、お断り。
 (03/12/13記)
2003/12/07
(Sun)
 若松のおばあちゃんから「餅」と「喜多方ラーメン」と「椿餅」が届く。
 2ヵ月ほど放ったらかしのスケジュールを少し見直し。社内用メモを発行する。案件は 消化中の様子なのであるが期限が見えない!
 (03/12/13記)
2003/12/06
(Sat)
 突然若い男性が2人で入ってきた。箱をかざして「キャンペーン中なので買ってくれ」 との物売りである。近づいてくるので手をかざしてさえぎる。「それ以上こっちに近づく な!」年末になるといろんな物売りがくる。
 (03/12/13記)
2003/12/05
(Fri)
 L社U氏よりHHHの全体図と問合わせのメール。回答をしておく。
 W女史よりMD社の契約書等は社内稟議にまわっているとの由、MD社内でもメール送 受信が出来たらしい。同女史はそのままZL社のパソコン増設のセットアップにZL社訪 問。
 Fさんから、恵比寿の中南米音楽屋を探しているとの電話。検索をしたらすぐに見つかっ た。別に恵比寿にいるから検索が速かった訳ではないが。携帯メールにアドレスを入れて おく。夕刻に来訪。「ハッピーで お洒落なボッサ・コーラス・ユニット:Pecombo[ペコンボ]」のCDリリースパーティ が12月15日に開催されるとのお誘い。
 PC社T氏よりGEのサポート依頼の電話。Nにまわす。
 帰りがけに、L社I氏よりAP社でパソコンの操作が出来なくなったとかの問合わせ。 ボタンが押せなくなったとか。夜から通信が始まるので焦っていらっしゃる。結果は再起 動で正常に立ち上がったらしい。
 From Mr.ワタナベ(セイユー商事)。先物。お断り。
 (03/12/13記)
2003/12/04
(Thu)
 L社T氏よりFJKからの問合せメール。回答。
 OC社M氏より、ZL社の保守の件の手続きについての電話。
 某VB系の投稿メンバーを122名ほど宛先にした迷惑(電波系)メール。
    From: "T*t*y* *o*a*a*h*" <T*t*y* *o*a*a*h*@*****.odn.ne.jp>
    To:・・122名のアドレス・
    Subject: あなたも盗聴されていませんか?
    Date: Thu, 4 Dec 2003 17:55:59 +0900
    
 From Ms.**(***)TEL。経営者向けビジネスカード。お断り。

 「続 会津士魂 二」早乙女貢・集英社文庫 4-08-747470-4 (3111)
   (03/12/05記)
2003/12/03
(Wed)
 昨日の続きで、WORM_MUMUのおさらいとメモ書きをしておく。
 ○フティのフォーラムにコメントの投稿。
 K社より電話。バーコードリーダーのメーカーである。当社のHPでバーコードのアプ リケーション開発実績がある事を参照したので電話されたとのよし。検索で引っかかった のかしらん。それともK社からは時々カタログのDMも届いているのでDM名簿からURL を見つけて(どうやって?)それらしい会社に軒並み電話を掛けているのかしらん。
 MD社訪問中のW女史より、「本日は上がり」の電話。先方でのメール送受環境も出来 たらしい。
 (03/12/05記)
2003/12/02
(Tue)
 先日メールを出しておいたAH女史よりご丁寧な返事いただく。まじめな人だ。
 S氏より事務処理に一部ミスがあったとのメール。とくに問題はなしと回答しておく。
 OA社W氏より新潟の顧客の案件の打診。内容が不明なので問合せメール。パンクした 場合の押えの打診らしい。YS社の方はまだ先方の結論が出ていないらしい。今の時期で 結論が出ないということは稼動時期もずれ込むか。両方が来ても困るが、両方が来ないの ももっと困る。
 ひょんなところから、WORM_MUMU.Bの痕跡を見つけてしまった(泣)。メールからの感 染は考えられないので、Webアクセス中か、某社へのpcANYWHEREのアクセスか、社外の方 の持込みパソコンか。日付を見ると6月前半らしい。発症はしなかった模様である。駆除 処理と確認でほぼ一日かかる。
 From Mr.**(****)TEL。新潟大学を騙る。お断り。
 渋谷郵便局(日本郵政公社)のK氏来訪。保険と貯蓄の営業。
 ○フティのフォーラムにコメントの投稿。
 日テレ、似非エビニュースで他局での日テレ視聴率アップ!か。
 本日の朝日新聞夕刊4版。素粒子

   試すは試されることだ。天理大
  入試、誤字だらけの出題の無様さ。

 はい、そこのあなた、読めましたか?既に漢字モードの無様って死語になってしまった ような気がしませんか。格調高い「素粒子」ですから、”ぶざま”とは書けなかったのか な。

 「大阪の神々」わかぎゑふ・集英社文庫 4-08-747608-1 (3110)
 (03/12/05記 03/12/13固有名詞イニシャル訂)
2003/12/01
(Mon)
 TG社U氏よりZL社のパソコン増設作業の日程確認の連絡。12月5日とする。確認 用にMLに同報してメールをしておく。
 OC社M氏宛てとMLに、先日(27日)の打合わせ内容についてとうやむやになって いる保守契約についてのメモを送付。
 JRKの設計作業。メニューから開局、閉局までの流れを作ってみる。枠は出来たがこ れ以上進めようが無い。
 W女史よりMD社での作業環境についてとメールの件。MD社からアカウントを貰うか。 LAN環境も不明な個所があるらしい。作業依頼書のフォーム作成など。
 OC社O氏より、ZL社の改訂版のプログラムが届く。経緯がわからないのでMLに問 合せをメールしておく。
 CJ社K氏よりN宛てに電話。だいぶ以前(夏頃か)の納品分のテスト中とか。
 From Mr.**(****)TEL。文京区に事業用マンション。お断り。

 本日の朝日新聞夕刊4版。素粒子(カッコ内はルビ)

   「やるべきことをやる」と言う
  小泉首相。子曰(い)わく、過(あや)まって改
  めざる、是
(こ)れを過ちと謂(い)う。

 う〜ん、「子曰わく」ときて「過まって」の書き方はねーべ、と気になる。やはり、
  (あやま)ちて改(あらた)めざる、これを過(あやま)ちと謂(い)
 でないと、文語文と口語文がごっちゃでしょう。何故気づいたかというと、3月14日 に『中国古典の名言録』(守屋洋・新潮文庫)から引用してここに書いていたからである。 全部口語にするなら
 「先生がこう言った、過まってそれを直さないのはそれこそ過ちです
 くらいにして欲しいものです。格調と引用する意味(権威付け)も薄れるけど。おそら く「過」が韻を踏んでいるのであろうから準拠してみたが、もっと意訳するなら
 「誤まっても謝るだけで直しもしない口先馬鹿」(←”あやまる”に親父ギャ グによる韻を含ませている) 特定の人物をさしているわけではありませんのでどきっと なさらないようにね(笑)。
 こないだ読んだ『完本 文語文』(山本夏彦・文春文庫)で、「新聞社は読者に迎合す る売文屋の集まりである」(←原文にあたらないで記憶による大幅意訳引用)と書いてい たのもうなづける事である。
 (03/12/04記)
 
 
 
もどる

気まぐれリンク

Site Map