Japan Intelligence Network 
  きまぐれりれき2004年06月   履  歴 業  務 戻  る
「お断り」
掲載者の意図以外の検索対象となっているようです。
営業電話応対記録「お断り」部分を削除してあります。
10/09/18 改訂・・・
2004/06/30
(Wed)
 朝から大カミナリ。私の事ではなく天候の事である。
 JRKの懸案事項分のまとめと見積資料を作成。L社U氏にメールする。
 JRKの改造作業に仕掛る。ただ追加見積が正式承認されるかどうかは少し時間が掛る ので見積に影響しない部分だけの改造に仕掛る。確認用のメールを2,3度往復。
 Nより仕掛り中の筈の案件に付いての回答報告。
 W女史はNZ社訪問。明日より切り替わるプログラムの確認作業。
 From Mr.***(*****)TEL。お断り。
 IC社W氏より電話。来訪。冷たいものとおっしゃるので日本酒をオンザロックで出す。 ST社の話。あとは『さざんか』で飲む。
 (04/07/08記)
2004/06/29
(Tue)
 PC社I氏よりNZ社宛の見積の件について調整の電話。
 L社U氏よりJRKの資料のメール。
 RC社OK氏より電話。7月5日にO氏と会うのでついでにいらっしゃるとの話。某業 界系に関係している同業者を知らないかとのお尋ね。MS社とS社くらいかもと答えてお く。
 NZ社O氏より見積についての電話。PC社I氏に伝える。
 L社U氏来訪。HQ用のパソコンの搬出の為の梱包とJRKの追加プログラムの表示の 確認、追加機能に付いての確認など。
 PS社H氏より電話。某方式のHPの構想についての話。
 午後に、L社T氏来訪。SKSの検収作業と事務処理。一部機能の搭載漏れに気づいて 慌てて申告。お帰り後に改訂版をメールにて送付しておく。
 (04/07/08記)
2004/06/28
(Mon)
 NZ社O氏より電話。コード変更の件の改造について。納期を2週間程度と答える。もっ と早めに実施したい模様である。別の仕組みを考えてみる事にする。
 入口のレンタルマット屋さん来訪。
 GN社から郵便物。所在が分からなくなっていたはずの管理手帳が届いた。「担当の異 動等により、手帳の返却が遅れました事を深くお詫び申し上げます。」S社S氏に報告メー ルを差上げる。と早速S氏より電話。まずは良かったという話と、「ところでH氏とS氏 の分は入ってましたか?」両氏の分はS社が手続きと確認をすると前回おっしゃっててま せんでしたっけか??。
 PC社I氏宛にNZ社の改造部分についての見積をメール。
 本日よりSKSの検収予定。L社T氏が御来訪予定なるもいらっしゃらない。電話を差 上げると別件を含めて超多忙とのよし。それではと、いらっしゃらなくともテストが出来 るように納入物一式を送り付けておく。
 W女史にNZ社のコード変更系の引継ぎをしておく。見積がどうあろうと改訂しなけれ ばならないであろう。
 NはZL社訪問。増設パソコンの設置作業。
 わたしはスタンバイ状態で閑。WebbyPrinのサーバーソフトの手直しとPS社H氏に送付。
 Fさん御来訪。テーブルにて執筆?作業。
 DP社S氏より電話。AK社は発注をいただいたとの報告。一安心。DP社に断られた らわたしがちまちま進めるしかないかと思っていたのである。AK社O氏に決定の御祝の 電話を差上げる。
 当社のレンタルサーバーの件、先日サーバー移行の通知が郵便で来ていて、後日案内を 差上げるとあったがいっかな連絡が来ないので電話する。案内メールをしようと思ってい た、って思っているだけじゃなくて案内して下さい!7年前にはここのレンタルサーバー は格安であったが既に業界はもっともっと安価になっているらしい。他のコースもあると いうので資料をメールしてもらう事にする。前回のMS社への申請でオンラインでの申請 はもうこりごりなのである。
 PS社H氏より電話。サーバープログラム送付の件に絡んで一部のプログラムを変更し てみたいとの事でテストなど。保守が楽になるかもしれないプログラムに差替えをする。
 L社T氏より本日はやはり超多忙との事で来訪無し。月初から稼動しなければならない ので月末まであと1日しかない。明日の午後には来訪との確約を得る。この件の納期につ いては少し経緯があり当方も大(中)見得を切ったので、変な理由で結果稼動しなかった などという事態にはしたくない。
 CJ社A氏よりN宛に電話。不在なり。スケジュールが全然分からないのでA氏に状況 の挨拶も出来ない。これが困るのですよ!。
 From Mr.**(******)TEL。電話。お断り。
 夕刻は検収も無くなったのでFさんをお誘いすると少しだけ御用事とか。用事が済む時 間を見計らってメールで急っつき。『さざんか』にてW女史のお誕生会を名目に6月度仮 イベントとする。

 「日本語の乱れ」清水義範・集英社文庫 4-08-747578-6 (4057)
 この本とは何の関連も無いけど、この日本語が気になったままである、
 この国を想い、この国を創る−テーマは「日本」 やっ ぱりおかしい。わたしは彼らに想って欲しくない。わたしは彼らに創られたくない。
 (04/07/06記 04/07/07訂)
2004/06/27
(Sun)
 明日からのSKSの検収準備。道具箱系がきっちりしていないような気もするがその時 には最悪手作業でも何とかなるのでよしとして〆切時間切れとする。
 WebbyPrinの微小機能の搭載作業など。
 (04/07/06記)
2004/06/26
(Sat)
 DP社S氏よりAK社宛の見積書のドラフトのメールと電話。内容を見て少しだけおこ がましいアドバイスをする。来週にもAK社に持参予定とのよし。今回のが小規模でも決 まってくれて繋がっていけばわたしも紹介のしがいもある。
 (04/07/06記)
2004/06/25
(Fri)
 キャッシュフローの確認など。
 NZ社の対応の過去履歴の調べ物。
 IM社より発注してあった小封筒が届く。
 NZ社O氏宛てにコード体系変更についての確認の電話。一部不明な部分があるが、 本日W女史が訪問予定なのでその時に説明したいとの事。任せる事にする。
 NよりSJからの事務通知について。
 NZ社訪問中のW女史より入替えするパソコンの確認の電話。帰ってきて作業報告、 本番用の入替えは30日の業後に訪問予定とのよし。
 L社U氏より、HQはほぼ終了したので中座していたJRKに本格的に仕掛かる予定と のメール。
 L社T氏宛てに、SKSの検収開始日程について。月曜日から開始可と案内をしておく。
 夕方になってから、PS社H氏より電話。これからHR氏と一緒に祐天寺の顧客訪問予 定とか、HR氏は当社にいらっしゃった事が無いのでついでに来訪予定としたいとの連絡。 連絡を待って『さざんか』に直行。夕涼みとなる。店の中で元の会社のOBでS社のH氏 にばったり。PS社H氏の以前の会社AK社の担当SEが現在のS社H氏だったので、P S社H氏はびっくりするやら懐かしいやらでS社H氏は同僚を待たせたままで少し話し込 む。この話、ややこしくて当事者以外はなんのことかとお思いでしょうね。

 「世は〆切」山本夏彦・文春文庫 4-16-735212-5 (4056)
 ←自民党のキャッチフレーズ。
 山本夏彦が10年ほども前から書いていたこんな(後述)文章がある。
 明治以来の脱亜入欧風潮から「岩波用語」が発生して日本語はリズムを失ったのである、 と続いて、
     昭和初年私が育ったころはこの人たちの天下で、彼らはわが国をこの国と呼ぶ ようになっていた。「この国の文化のありようは」というようになった。この 国と呼べは自分はこの国の人でないように聞こえる。
     子細あって私は明治三十年代の古本と古新聞を読んで育ったからこの文章を読むにたえ ず、わが国をこの国と呼ぶ書き手をひそかに「にせ毛唐」と呼ぶようになった。 戦後このにせ毛唐は「にせ日本人」になった。(インテリぎらい 95/08) P.163
 そして他の個所でも。山本夏彦翁は何度でも言う。
     なぜ今の私たちが私たちであるのか、しかも今後ともあるのかというと、私たちがわが 国の古典を捨て、西洋の古典をわがものにすれば西洋人になれると思ったからである。若 年の私はわが知識人がわが国を「この国」と書くのをみて「にせ毛唐」だと思っ た。二兎を追うものは一兎を得ない。中国人はいまだに偏平で黄色ではあっても自国を 「中華」だと思っている。(脱亜入欧 95/11) P.177
 なんでも使えるキャッチフレーズ、
 (04/07/04記)
2004/06/24
(Thu)
 W女史より電話。昨日は新宿から電車は間に合ったのだろうか。
 L社U氏よりHQ用のパソコンの搬出日程と積残し分の納入予定について。改造部分の 確認をしてプログラムを送付する。
 DP社S氏と原宿駅で待合わせてAK社訪問。原宿駅で降りたのは何年ぶりだろう。 AK社の入っているビルの見学と打ち合わせ。
 不在中にNZ社O氏より電話。今回の変更で一部のコード体系の変更も必要との連絡メ モ。調べてみるとプログラムの改造も必要である。どこまで影響するかの確認など。
 From Mr.**(***)TEL。ガソリンの投資。お断り。
 From Mr.**(*******)TEL。不動産。お断り。
 From Ms.**(****)TEL。お断り。再度掛けてきた。しつこい。
 参議院選挙の公示。そろそろ残りの人も戻ってくるのかな。自民党の事だものねー。
 MS社よりEmpowerプログラムの媒体着。社内MLに案内をしておく。これらを有効に 使用するためのハードの整備も必要。
 (04/07/04記)
2004/06/23
(Wed)
 出掛けの駅で防弾チョッキ風の装束の警察官が数人、なんだか物々しい。渋谷駅で発砲 事件が発生したとか。
 IC社W氏にメール。昨日帰りがけにW氏が小銭入れが無い支払いで使用したカードも どこに仕舞い込んだのかわからなくなっていた。後刻に電話あり。カードは鞄の中にあっ たとのこと。昨日の打合せの整理などをする事にして夕方にIC社訪問予定とする。
 PrinpPoiをVer 3.00に改訂してMLに通知。
 W女史よりSKSの改造の確認など。
 L社U氏よりHQの件と昨日の不具合対処の確認の電話とメール。
 From ****TEL。電話機。お断り。
 間違い電話。04/06/23 15:17:57
 From Ms.**(****グループの****)TEL。個人融資。お断り。
 W女史と一緒にIC社訪問。途中の酒の安売りでアルコール分の仕込み、IC社の側で Y女史にばったり。本日は「24」とかのビデオをみるのに忙しいとの事でお帰りの途中。 IC社についてからY女史が忘れ物を取りに戻ってくる。あわただしく乾杯だけする。前 回一緒に飲んだO氏がバイクの怪我で病院行きとか、電話の声は元気である。W氏A氏W 女史と会社で飲んで、その後に近所の店でカラオケ。前回の恵比寿の意趣返し状態(笑)。
 (04/07/04記)
2004/06/22
(Tue)
 MD社D氏よりメール。MBでトラブル、片肺運転中で技術者が直行中との事で、W女 史への出動依頼があるかもとの話。後刻に再度連絡、引き回してあるケーブル断線であっ たとの事でソフトの方は事無きを得る。
 PrinpPoiでTIFとPDFの簡易表示までを何とかしてみる。
ル引数を追加した。注意。  NZ社O氏に電話。今回の改造分の事前テストの日程に付いて、25日の予定とする。W 女史に依頼。
 IC社W氏より電話。DKのE氏に会う予定との事でお誘い。新宿駅で待合わせて、国 分寺行き。W氏E氏K氏と飲み会。
 From ******TEL。****のコピー代理店。お断り。
 From Ms.**(*****)TEL。個人融資。お断り。
 不在中にL社U氏よりメール。HQの印刷系に一部不具合。W女史が対処。
 夜中にチャット。九州のIM氏と話し込む。
 (04/07/04記)
2004/06/21
(Mon)
 TIFとPDFファイルの操作法方を考える。
 AK社O氏より電話。久しぶりである。7年ぶりほど。現在原宿で縫製のお直しの店を しているとの由、HPを作成したいとの事で御来訪。掲載記事とTVで流されたというビ デオテープを御持参。ビデオは会社に無いのでみる事が出来ない。昔の話と近況のなど。
 DP社S氏にAK社の件についてメールしておく。
 メール受信中にパソコンが落ちた。再度接続するも受信中のメールは消えてしまった。 どこから届いたのか不明のまま。
 L社U氏よりHQの本稼動の確認の連絡。但し稼動後の懸案が2点ほどあり。
 スケジュールの見直しとあてにならない案件を6件ほど削除。状況不明が3点ほどあり。 どうなってるか。
 L社U氏より支払事務手続きの一部変更の通知メール。
 PS社H氏より給与計算パッケージのデータ移行についての問合せの電話。規模によっ ては過去日で入力して一年分を確保するかそれとも同一パッケージのバージョン違いなら 外部ファイルの入出力機能もありそうな気がするが、同氏も営業から尋ねられただけなの で詳細が分からないとのこと。
 DP社S氏よりAK社の件に付いての電話。隣の駅なので駅ビル内の『ライオン』で待 合わせて打ち合せ。
 (04/07/04記)
2004/06/20
(Sun)
 プログラム起動の各種手法についてあれこれ調べもの。他にする事がある時にかぎって こういう調べものをしたくなってしまう。
 (04/06/26記)
2004/06/19
(Sat)
 HPのアップ。
 VB系のMLを読んでいて、起動中のプログラムの制御関連の手法に気づいて調べものを始 める。おそらく普通のプログラマにとってはFAQな話のようである。やっと気づいた私が 遅れているのだな。自分のメモを検索してもだいぶ前にも同様の話が転記されていた。そ の時には理解していないで転記していたようである。
 WebbyPrinの送信系の制限事項の組込みなど。印刷系に手を入れてみるが、NTとXP の違いの部分を吸収できない。

 「猫の縁談」出久根達郎・中公文庫 4-12-201828-5 (4055)
 (04/06/26記)
2004/06/18
(Fri)
 L社U氏よりHQの帳票の改造依頼と参照系の一部表示の不具合についてのメール。お 急ぎのようなので改造、pcANYWHEREにて入替え。後刻に現地のY氏よりテスト確認完了の 御礼の電話あり。
 MD社D氏よりW女史に電話。7Mの添付ファイルが送信できないとの由、こちらのメー ルボックスの問題ではなくMD社のサーバーの制限ではないのかとからかう。宅ふぁいる 便を薦める。
 WebbyPrinの送信画面の一部改造。複合機を含めるとTIFファイル問題が再燃しそうなの でテストプログラムでいろいろといじくってみる。
 MS社Empowerプログラムに参加しようとXPのパソコンの方から入ってみる。が、そ れでも目的のページまでたどり着けない。問合せセンタに電話をしてIEの設定の変更、 履歴ファイルの削除、クッキーの削除、信頼サイトの登録、そのうえセキュリティを低く してといわれるままに変更してやっと入る。入るものの手順がややこしくて仕方が無い。 途中からは問合せセンタの女性にぶつくさ言いながら最後まで電話で付き合っていただい て申込作業をする。本当に他の同業者もこんなに難しい手順を理解して申し込んでいるの だろうかと途中で嫌になってしまう。
 TG社S氏より電話。ZL社のパソコンをXPにして増設したいとの連絡。XPについ ては動くかどうかはやってみないとわからないと答える。取りあえず1台だけでも今月中 に設置したいとのこと、Nのスケジュールを確認して来週中に双方の日程が取れれば訪問 作業予定と同報メールしておく。
 IC社W氏より7月から9月頃まで設計作業の案件があるとの電話。当社では無理であ ると答えておく。案件情報も届く。D社SI社HJ社に同報転送。
 W女史よりUSビルの資料作成の為に提出する見積について。
 KE社K氏より電話。先日のWebの話は基本データが無いので折合いがつかずに没にし たとの連絡。相談に乗ってくれたDP社S氏にもよろしくとのご伝言。DP社S氏に経緯 の説明と没となった事の報告メールを差上げる。
 PS社H氏より定例無駄話の電話(笑)。IP電話が接続中である事が何らかの手法で 確認できればパソコン同氏でメッセージ交換も出来るのではないかといった話とかCD-ROM 大の大きさのパソコンの話。PDAの発展型のパソコンの事なのかあまり理解できず。
 From Ms.**(***)TEL。個人向け融資。お断り。
 (04/06/26記)
2004/06/17
(Thu)
 W女史、MD社のUSビルの立会い。
 Nより依頼してあった源泉徴収票のコピー受取り。
 L社U氏よりHQの追加機能についての打診。一つは構造が変わるので無理、もう一項 目については一週間程度で改造可と答えておく。再度影響するかもしれない部分について の確認。
 L社I氏よりT通信系のプログラムの問合せ。タイムアウトで落ちるかとの問合せ。落 ちるのであれば再現できるでしょうと答えておく。二度ほどメールで往復。
 W女史にSKSを本格的に引継ぐ。
 PS社H氏宛てに本日の訪問予定の確認メール。予定通りとの事、但し2時間ほど早め る事にする。
 午後より新宿IT社訪問。S氏H氏HR氏と今後の予定についてとサーバー運営につい ての打ち合わせなど。製品化するにはまだ手を入れる必要がある。改訂費用の捻出の件な ど。
 KさんよりW女史にお誕生日御祝の同報メール。わたしは今年も気づかなかった。2、 3日前に予告メールを下さるように、とレスしておく。

 「ゆらぎの発想 1/fゆらぎの謎にせまる」武者利光・NHKライブラリー 4-14-084079-X (4054)
 (04/06/26記)
2004/06/16
(Wed)
 遅刻。月曜日の夜の徹夜からの影響を引きずっている。
本日よりHQ社は本稼動開始の筈。
 不在中にL社T氏より電話。SKSの見積の件の確認と検収予定の日程確認など。
 Fさんより昨日の転送メールの御礼メール。
 W女史に依頼しておいた、WebbyPrinのユーザー用設定画面の検収。
 MS社F女史より、Empowerプログラムについてのメールの件についての電話。結局ブ ラウザで指定のURLにたどり着けていない事を話した。
 IC社OZ氏より月曜日の飲み会の御礼メール。今度はIC社に押しかける旨の返事を メールしておく。
 SKS開発用のHTMLなどを作成してみる。そのまま印刷して用紙からはみ出さないよう に調整などをして時間を費やしてしまった。
 From *******TEL。個人向け投資。お断り。
 間違い電話あり。「リョウジ?」「ちがいまーす」私の知らないリョウジさんの母親? の声か。少し切迫したような声であった。
 夜中にチャット。
 (04/06/25記)
2004/06/15
(Tue)
 L社U氏よりHQのテスト結果のメールと電話。
 PS社H氏より月曜日にIT社が訪問したTH社の現況についてと今後の予定の打合せ 日程について。
 MD社D氏より8月に予定している作業についてのスケジュール確認。
 小封筒が無くなってきた。だいぶ前から指摘されていてデザインを変更しようと思って そのままにしてあった。慌ててIM社に前回と同じレイアウトで発注する。芸の無い事で ある。
 RC社OK氏よりOB会の件のメール。結局外出予定を入れてしまったので参加は無理 となる。
 SKSのテストと納品用のツール系の組込み作業。
 Fさんよりメール。S社のN氏に直接電話をして確認した件についての抄録。結局S社 のN氏は何にもしていなかった事が判明する。S社M氏に内容を添付してメールする。一 切の応答無しで結果無視とはあんまりではないかとクレームする。M氏からは夕方にお詫 びの返事あり。Fさんに転送しておく。
 From Ms.****(*******)TEL。事務所探し。お断り。
 (04/06/25記)
2004/06/14
(Mon)
 L社U氏より電話とメール。HQのテスト中の仕様確認と要望点など。
 S社KS氏にOB会の件のお断りのメールを差上げる。メンバーの年代がだいぶ上の年 代で揃っているのでご遠慮申し上げた。
 PS社H氏よりSP社の複合機の見学をしてきた事の連絡。ほぼ想像通りであるが画像 種のデフォルトが若干違うらしい。
 IC社W氏より電話。新宿で飲むかとの申し出だったので動きたくないと答える。恵比 寿にいらっしゃる。W女史も交えて『さざんか』にて飲む。途中から自宅で休み中のIC 社のOZ氏にも連絡して合流。一次会で終わらずOZ氏W女史と近所のカラオケ。結局店 を出たのは外が明るくなってから。
 (04/06/25記)
2004/06/13
(Sun)
 HPのアップ。
 (04/06/22記)
2004/06/12
(Sat)
 HQの改造作業とHQ社を訪問中のL社U氏とやり取り。プログラムの入替えなど。
 PS社H氏より来週の月曜日に訪問されるらしいお客様への提出資料がWebbyPrinで送 られてきた。気のついた要確認事項などを記述して返送しておく。わざとPS社のFAX 番号の方にも送付したらプログラムが落ちた!まだまだ落とし穴がありそう。
 SKSの改造納品時の入替えの為のツール系の組込み作業。こちらの仕組みで大雑把な テスト部分を消化しておく事にする。
 (04/06/18記)
2004/06/11
(Fri)
 L社T氏より、SKSの固有名詞等の確認メール。
 L社U氏よりHQ社から連絡の電話。操作面の一部改造希望とLAN上のパソコンの名 前解決の問題など。名前解決の問題は、私は出来ないが現地のCEの方なら絶対に出来る でしょうと答えておく。改造分をリモートで入り込んで更新。
 From Mr.**(******)TEL。不良債権回収。お断り。
 From Mr.****(*******)TEL。求人情報媒体。お断り。
 W女史に依頼しておいた、WebbyPrinの設定画面の件。チェックボックスには、 True/Falseがないらしいとの指摘。知らなかった。
 PS社H氏に事務処理の確認の御礼メール。
 昨日いらっしゃったS社KS氏よりKS氏の年代の関西出身系のOB会の通知のメール の転送。

 「漱石先生ぞな、もし」半藤一利・文春文庫 4-16-748304-1 (4052)
 以前(2003/02/02)に読んだ筈と書いていたが、今回読んでいて、読んだ筈と思い出せ るところが全然無かった。関川夏央の明治物の読み物を読んでついつい読んだ筈と思い込 んだのか、それとも完璧に忘れているのか。

 「続 御書物同心日記」出久根達郎・講談社文庫 4-06-273955-0 (4053)
 以前にもあったような気がするが、この本には私と同名の登場人物が出てくる。出久根 達郎は5月から朝日新聞の夕刊で小説を連載している。途中からは斜め読みになってしまっ たが、これにも同名の登場人物が出てきたので連日の発見でびっくりしているところであ る。
 (04/06/18記)
2004/06/10
(Thu)
 L社T氏より昨日の質問の回答メール。
 IS社I氏来訪。EQ社の件で本日訪問予定との事で、前回の全体図などの再説明をす る。
 TKNよりメール。先日のOB会の案内でアドレスが不明だったH氏とK氏のメールア ドレスの案内。早速同報で御礼の挨拶をしておく。
 S社KS氏来訪。元の会社の大先輩である。以前はS社の仕事もいただいていたが、担 当者との些細なトラブルで仕事もいただけなくなってしまっていた。97年の事であった。
OBの消息の話など。WebbyPrinを紹介するも全然御興味無し。
 NZ社O氏より今回変更予定の文言等の確認用のFAX。折返し電話にて確認。W女史 に伝えて引継ぐ。
 Fさん来訪。先日の不在中にもいらっしゃったとか。それは失礼しましたがメモも残っ ていなかったので知らなかった。風通しが悪い。先日のイベント時に預かっていたアルバ ムを渡す。
 PS社H氏より電話。本日の事務処理予定のものを預かっているとの連絡。明日にも処 理していただくように依頼する。予想されるかもしれない業種とM社の動向の噂など。
 NU社M氏よりN宛に電話。
 (04/06/18記)
2004/06/09
(Wed)
 L社N氏より、昨日同報したメールの内容についてのクレームのメール。内容に中断ペ ナルティと記述した部分で虎の尾を踏んでしまったらしい。では納期に間に合わせましょ うという決意のつもりのメールであったがどうやら私のメールは一言が多いらしい。
 IS社I氏より電話。EQ社の件はまだペンディング状態らしいとの事と明日にも御来 訪の件。
 NZ社O氏より昨日打合せの内容の一部変更の連絡。
 L社K氏より電話。預り中の納品機の保守契約の為にシリアル番号とプロダクト番号の 調査。番号を調べてメール済。
 L社U氏よりHQの照会系の問合せ。コンボに残った表示を非表示にしたい件など。
 SKSの開発環境の保管処理。これでつぶれてしまったなどとはしゃれにもならなくな るので少しだけ慎重を期す事にする。W女史に帳票系の引継ぎと開発テストを依頼。
 NZ社O氏より昨日の改訂内容に追加したい内容の件。
 L社K氏よりJRKの追加機能の検討をして欲しいとのメール。それは、とっくに検討 して追加してある機能の事ではないのかと質問メールを出しておく。
 From Mr.**(****)TEL。採用関係。お断り。
 From Mr.**(******)TEL。お断り。
 (04/06/18記)
2004/06/08
(Tue)
 PC社よりNZ社用の発注書着。
 N宛に昨日のSKSの見積書の発行依頼。夕方には再度納期短縮の件の要請メール。 再々見積りをしますよと茶々メール。
 L社TMR氏より、RK社の件は打合せ内容が錯綜しているので仕切り直しとのメール。
 SKSの資料作成作業。
 午後はW女史とNZ社訪問。出掛けの恵比寿駅でS社KS氏にばったり。少しだけ立ち 話。NZ社ではO氏とレイアウトの確認と改訂内容の打合せ。雨もよりの天候なのでさっ さと帰ってくる。W女史に全部引継ぎ。
 不在中に、MS社N女史より電話。NU社の懸案の話。近日中に資料を御持参予定との 由。
 不在中にFさんがいらっしゃったらしい。メモを残して欲しい。
 (04/06/18記)
2004/06/07
(Mon)
 L社T氏宛に、SKSの要確認点の質問と一部再見積の件のお伺いメール。  JRKの追加部分のメニューへの搭載作業など。
 ホワイトボードに殴り書きしておいた、Lデータ変換の仕様をEXCELにまとめる。
 PS社H氏より電話。事務処理が一部遅れてしまった件の説明と会計事務所の手書き伝 票の話など。
 明日の訪問予定のNZ社の変更予定部分のソースファイルの抜出して大雑把に眺めてみ る。PC社U氏より先日の設定がうまくいっていない件について再度の連絡。明日は、W 女史にも同行依頼。作業と納品までしてもらう事にする。
 L社T氏より質問の回答と再見積の了承のメール。
 From Mr.**TEL to N。
 From Ms.**(*****************)TEL。女性向のアン ケート。お断り。
 本日は出掛けにいつも持ち歩いている本を忘れた事にエレベータを降りてから気づく。 取りに戻るのも面倒、電車の中で手持ちぶさたである。
 (04/06/16記)
2004/06/06
(Sun)
 SKSの見直しと段取りを少し厳密にしてみる。当初のアバウトな構想からブレークダ ウンしてみると各所に落とし穴を発見。
 HPのアップ。
 (04/06/16記)
2004/06/05
(Sat)
 MS社より、エンパワーキャンペーンの件の電話。気になっていたのだが、あのMSが 当社のような零細企業にまで声を掛けてくるのはなぜだろうと思ってしまうところも少し。 電話をしながらHPを参照するが、私のパソコンのブラウザでは当該頁までたどり着けな い。
 L社U氏がHQ社より連絡。現地検収で発生した問題点などを2、3点。一部を改訂し て、pcANYWHEREで入替え作業。
 SKSのテーブル構造などの調査を再開。
 CH社K氏より先日のOB会の御礼のメール。
 HPのアップ。
 (04/06/16記)
2004/06/04
(Fri)
 L社TM氏よりメール。KSの自動運転の件の問合せ。回答とログ採取を依頼する。
 PS社H氏より定時連絡のお電話。サーバーの件、ダイナミックDNSの件、A−2図面 の集配信の件、上りと下りのスピードの件とIP電話でも最低限の音声帯域を確保するも のがあるなどのムツカシイ話。
 L社T氏より電話と来訪。一旦中断していたSKS対応の件が再開されたとの話。中断 したが稼働日は当初の予定で動きたいとの意向。月曜日に再度の見積と開発スケジュール を提示する事にする。ついでにデータ変換の件の引継ぎと仕様確認。
 WebbyPrin、一旦プロトタイプとしてアップロードしておく。.Comの方にアップロード しようとするとタイムアウトで落ちる。ユーザーとパスワードの変更でもしたのかとH氏 に問合せのメールをすると昨日よりトラブル中でEC社M氏と打合せとの由。
 PS社H氏よりプロトタイプでの一旦検収との事と、問題点等の列挙リスト。
 From *********TEL。会社向け融資と割引。お断り。
 From Mr.**(******)TEL。****の代理店。トナー用紙がただ になる。お断り。しつこい。
 From Mr.***(**************)TEL。虎ノ門のデザイナー ズマンション、お断り。しつこい。
 W女史に依頼しておいたWebbyPrinの履歴表示系の動きの確認など。
 (04/06/13記)
2004/06/03
(Thu)
 W女史、MD社訪問。
 PC社I氏より、NZ社は予定通りに仕掛かるとの連絡。NZ社O氏に連絡して訪問日 を決める。NZ社絡みでPC社U氏より電話、先日来複数のOSで稼動させようとしてい るプリンタの設定がうまく合わないとの連絡。次回の訪問時にこの件も確認する事にする。 だいぶ前に作成したプログラムなのでオフセットの設定等もないらしい。
 WebbyPrinのFAX部分で頁サイズと用紙方向の設定にはまる。
 PS社H氏より電話連絡。初期のサーバー設置の話が少し大掛かり過ぎる内容に発展し てきているらしい。初期ユーザー分の馴らし運転と様子見だけなら別回線で単独のサーバー を立ててしばらくの間はこちらで運営しても良いと答えておく。本格稼動前にチューニン グする作業とツール系も充実させないといけないし。それに関わる予算も、、
 小間物?の押売り系の飛込み営業が3回程、Nが対応している。
 (04/06/13記)
2004/06/02
(Wed)
 中国の大連に赴任中の大学の先輩、A社I氏より電話。先日メールで2日に日本の東京 で飲まないかとのメールがあった。実は先週から日本に来ていて明日には出国との事。他 のお誘いの方は多忙で、あとはND社のH氏だけなので夕方の適当な時刻に恵比寿の会社 においでいただく事にする。
 W女史にWebbyPrinの履歴表示系の改造を依頼する。少しずつ引き継いでいく事にする。
 L社U氏よりHQの現地検収の微小改造依頼、改造と最新分の送付。
 WebbyPrin、FAX部分の詰め。
 From Mr.**TEL。本人であると答えると切る。
 From Mr.**(******)TEL。新潟大学をかたる。一瞬本日の来訪予 定の先輩の関連かと勘違い。お断り。
 From **************TEL。融資。お断り。
 L社U氏よりHQの入力系が最新版で落ちたとの連絡。マルチ系の改造で一部改悪して いた。慌てて変更して送付。
 夕刻は、先輩のI氏H氏来訪。『ゑびす鯛家』にて飲み会。中国の接待事情の話と昔話 と山の話とクラブのOB会を画策する話。
 (04/06/13記)
2004/06/01
(Tue)
 ST社Y氏より、OB会の参加者一覧の再送付の御礼メールと、他に後日に合同OB会 の計画があるとの話。
 WebbyPrinの送信機能のプログラム構造を見直してみる。FAX部分は別プログラムに 切出しておく事にする。
 午後、KE社K氏、DP社S氏来訪。SK社のHPの見積依頼の話。デザインだけなの かシステム部分にまで入り込むのかの切り分けが出来ていないらしい。デザインだけであ れば当社が間に入って話をややこしくする必要もなさそうである。本日は特にご機嫌のう るわしくないAIBOをかまいながら世間話など。
 TG社U氏よりZL社のパソコン増設の作動確認の電話。
 L社U氏よりHQの一部の計算式の確認と変更の件、データ連動部分での一部の桁数の 変更など。改訂を確認して送付しておく。
 Nに依頼しておいたアドバンスの受取り。
 事務所の損害保険の契約更改の捺印。
 From ******TEL。広告媒体。お断り。
 From 世界水素エネルギー会議TEL。6月末に水素エネルギー会議がある。参加 振込の確認。何の事か分からぬ。当社と同じ名前の会社からの振込を確認するために電話 を掛けたとのよし、当方の電話番号は、Webを検索してみつけたとか。当社でそのような 振込はしていないと答える。「では御社は水素エネルギーには関係の無い会社でございま すね?」ん、「会議には関係ないが水素エネルギーには関係するともしないとも言えない。」  Webを検索すると確かにそういう団体があるようである。まさか手の込んだ仕掛けでも あるまいが、やな感じ、なのでHPは見ない事にした。
 (04/06/13記)
 
 
 
もどる

気まぐれリンク

Site Map