Japan Intelligence Network 
  きまぐれりれき2005年07月   履  歴 業  務 戻  る
「お断り」
いつまで、404エラーを放置しておくのか!
10年1月から異常なご参照をいただき、削除してありました。
一般御参照者に、404エラーで応対するのも失礼なことと思い直し、
ターゲットとなったであろう電話応対記録「お断り」部分をバッサリと削除して、
再掲しておくことにしました。
そこまでして掲載したい内容でもないことも承知なのですが(笑)。
10/07/09 再掲・・・
2005/07/31
(Sun)
 EQ社のメニュー系に一部の抽出機能用のボタンの搭載してみる。

 なんと、本日は記述日当日に追いついてしまった。この事態は初めての事ではないか。
 HPをこれからアップすると本日分はもう書く事も無し。
どうするか。明日の分でも書いておくか、、、書いてみるか。

 Japan UnIntelligence Network 
 みらいのりれき  戻れません
2005/08/01
(Mon)
 W女史のMD社の訪問(#296)予定日がずれてしまった。先週にはZL社から帳 票系の追加分の依頼(#199)が急遽来ていた筈。スケジュールが立っていないに違いない。 今週はこれを消化してもらう事にする。
 EQ社の調整(#301/302)もある。KBの分(#306)これはNに任せてしまえば良いが 引継ぎも若干必要である。これも今週中にする事にする。ついでにEQ社の基幹分(#293) も引継いでしまおう。
 Nも空いている筈と踏んでいたのだが先週末に急遽CJ社の案件(#295)が入ってしま った。とつとして本日はL社のペンディング案件(#258/304)も仕掛の通知である。これ もNに任せよう。そうだそうだ。午後にはMD社D氏から開始遅延の代替案件としてBD (#168)も正式発注である。皆さんいきなり超多忙。
 それなのにわたしの担当案件はないのである。KLシステム(#298)でも入ってくれれ ば良いのだがどうも音沙汰無しである。
 あ〜、暇だ。それに暑いし。むさ苦しいし邪魔になるしなぁ。そうだ、本日より夏休み としよう。はい、わたしく本日より一ヶ月夏休みとします。浮世の皆さん汗流してね。
(社員の方へ:#番号は実在する案件番号です。)
 (05/07/31記)
2005/08/02
(Tue)
 夏休み2日目である。
 野口さんの船外活動も見飽きてしまった。昼からビールを飲んで夕方になると酩酊状態 で家人には相手にしてもらえない。一人で部屋にいると新聞屋の勧誘とかつまみ買って下 さいの親子連れとか、掛ってくる電話は墓石屋、網戸屋とリフォーム屋と瓦屋の電話であ る。ここは集合住宅なんだってば、瓦屋さん。質の悪いテレアポ会社から名簿を買わせら れたんではないのか。
 (05/07/31記)
2005/08/03
(Wed)
 夏休み3日目である。
 家にいると会社にいるよりも忙しい事がわかったので、本日は外に出掛ける事にする。 かといってどこへといったあても無い。文庫本を持って公園の芝生で昼寝とする。近所の 保育所の子供が団体で来て遊んでいる。時々覗き込んで声を掛けていく子供がいるので寝 たふりをする。
 (05/07/31記)
2005/08/04
(Thu)
 夏休み4日目である。
 昨日は芝生で寝たふりをしていたら顔の半分だけ日焼けをしてひりひりする。サラ金の CMの半身日焼けオジサンを想像してくれれば大体あっているか。
 本日はどこかに出掛けなければいけない予定だった気もするが忘れてしまった。
 (05/07/31記)
 まっ、そのー、こうして書いてみると過去の事も未来の事も信憑性は殆どおんなじでげすなぁ。
 (05/07/31記)
2005/07/30
(Sat)
 W女史より社内用メーリングリストに朝顔の水遣り等の依頼メール。カレンダーでも貼 って水遣り実施のハンコを押していかないと(夏休みのラジオ体操ですね)私が気まぐれ に水遣りをしてその後にNが絶対に追加で水遣りをしてしまいそうな気がする(笑)。
 と、MD社D氏からもメールが届いていて、W女史のMD社の作業開始は1週間延ばし て欲しいとのメールである。
 KBのデータ変換系部分の開発作業。
 HPのアップ。
 恵比寿駅盆踊り、明るい時刻なので誰も踊っていなかった。
 (05/07/31記)
2005/07/29
(Fri)
 ZL社M氏よりN宛てにFAX。
 フカサワさんよりメールアドレス変更通知メール。
 CJ社A氏よりN宛てに電話。延び延びとなっていた1案件について発注決定との連絡。
 SJ社O氏より印刷レイアウトについての確認承認メール。
 GW社T氏よりOB会サイトについて氏名の誤字と変更希望メールを出しておく。後刻 に回答メールあり。再度レス済。
 EQ社I氏にRH社のテスト結果と今後の近日程の予定についての報告メール。
 恵比寿ガーデンプレイスクリニックよりN宛てに電話。健康診断の日程の打合せ。
 N、NU社訪問。
 KB社に電話。I女史が御担当らしい。テスト日程の打合せ、8月4日とする。勝手に 決定してからEQ社Y女史に電話で訪問予定の件の報告。
 KBの資料作成作業。
 恵比寿駅では恒例の盆踊りなり。横目に見ながら地下鉄の階段を降りる。

From Ms.**(*******)************の代理店TEL。電 話料金が安くなっている。お断り。
 (05/07/31記)
2005/07/28
(Thu)
 RH社S氏に電話。会議中との事で午後に再度電話。昨日のテスト結果の問合せと印刷 仕様の確認。
 SJ社O氏に電話。データのレイアウトの確認。
 昨日W女史より受けたEQ社の要望事項についてのまとめ作業。
 ZL社F営業所Y氏よりN宛てに電話。
 ST社M氏より電話と後刻の来訪。時候の御挨拶と仕事の受注状況などについて。IC 社から廻ってくる案件情報を流す事にする。ただ、ほとんどが出向業務なので合うかどう かは分らない。OB会の話と賛助リンクの話。了承を得たので後刻に賛助リンクに載せて 報告メールを差上げておく。
 PS社H氏より電話。時候の御挨拶とIP社の現況などについて。
 ベランダにW女史が種から蒔いた朝顔の葉っぱが蔓を伸ばし始めてきた。蔓を巻く為の 紐を手すりの所から放射状円錐形にしつらえてある。
 SJ社より印刷レイアウトのの確認の電話。1枚しかFAXしなかったので2枚ともF AXして欲しいとのこと。W女史に印刷とFAX依頼。
 ZL社M氏よりN宛てに電話。

 From Mr.***(****)TEL。先物取引。お断り。
 From Ms.****(**************)TEL。お断り。名簿削 除依頼。
 (05/07/31記)
2005/07/27
(Wed)
 W女史がEQ社訪問用の準備をしていたので持参用のフォルダーを見るとさるツールプ ログラムのバージョンが古いので指摘すると、「ベクターからダウンロードしたのに」と いう。ベクターはランキングの表示レイアウトが変更になってから改訂版(最新版)をア ップする気が無くなって放りっぱなしである。(反響も無いし、、、)。手持ちの最新版 をコピーする。
 IS社I氏より時候御挨拶のハガキ。達筆の手書き縦書きである。うらやましい。
 IC社W氏より電話。明日のKE社K氏との暑気払いで4時頃に当社に集まる事にした とおっしゃるので私は暇であるのだが拒否した。再度電話があって実はK氏も明日は多忙 らしいとの事で日程を含めて仕切直しとする事にする。
 W女史とNはEQ社訪問。SJのテスト作業。
 NMK、S氏よりOB準備会の開催通知メール。先日に添付されている趣意書の文言の 訂正を依頼しておいたのに訂正されていないので指摘メールを出しておく。
 EQ社訪問中のW女史より状況報告の電話。本日の主目的分は達成なり。
 ZL社M氏よりW女史宛てに電話。
 W女史帰社後に作業報告と先方担当者のY女史からの要望事項とスケジュールの件など。
 SJ社O氏にテスト結果の報告とお礼メールを差上げる。
 EQ社JHの仕様書の読込作業と要確認点等の洗い出し。指定フォントについての探し 物などをする。W女史は来月よりMD社の作業となるのでこれ以降の作業分はNに依頼予 定とする。
 ディスクに溜め込まれているメーリングリストの本文のキーワード検索をしていたらデ ィスクに異音発生。イベントビューアで見てみると、デバイス・・・に不良なブロックが あります。とのメッセージ。
 From Mr.**(****)TEL。お断り。名簿削除依頼。
 From Mr.**(******)TEL。お断り。
 (05/07/31記)
2005/07/26
(Tue)

台風7号
 ZL社M氏よりN宛てに電話。
 カワグチさんより時候御挨拶メール。
 W女史に明日のEQ社訪問の作業内容についての打合せ。
 From ******TEL。業務用空気清浄器。お断り。

 昨日に続いて、FM友新聞社のサイトを眺めると、さる記事の中で紹介した施設の電話 番号が市外局番を含めて8桁しか記載していない事に気づいてしまった。誰が見ても 8桁の電話番号がある筈がないと判断がつくと思うのですが、とついつい書いてしま う。後刻に参照してみる気にもならないので改訂されたかどうかの確認は失念してしまっ た。特に望むものではないがこの件についてもレスは無かった。

 台風がどんどん近づいているらしい。なんだかそわそわして、社員にも電車のあるうち に退社するようにと伝えて一番近い私は3時頃には退社してしまった。(それでFM友新 聞社の記事が改訂されたかどうかを確認しなかったのだね)。
 不在中にPS社H氏から電話ありのメモあり。
 (05/07/31記)
2005/07/25
(Mon)
 一昨日の地震後からのフジテレビの25時間TVのつまみ見状態でリズムが狂ったか、 遅刻時間帯で起床する。
 W女史にEQ社RHの改訂部分の確認と印字レイアウトの2、3の要確認事項。
 ZL社M氏よりN宛てに電話。
 EQ社SJの資料作成作業。
 SU社T氏から電話、後刻に来訪。SU社の会社のグッズをいただく。
 フカサワさんより時候御挨拶メール。

 先日(18日)FM新聞社に地名間違いのメールを出したが、本日はトピックの題名が 違っていた。「目指せ 子どこタレント」と書いてある。子供はどこぢゃぁと探し出すよ うなタレントの事か(これもむつかしい)と思いきや本文を読んでみると「子どこ」では なくて「子ども」の事だと分る。先日以来この新聞社の記事は無意識に鵜の目鷹の目であ ら探しモードで読んでいる様子である。早速誤字の報告メールを出す。後刻に参照してみ ると改訂されていた。特に望むものではないがこの件についてもレスは無かった。

 From Ms.**(********)TEL。お断り。8月決算時に節税等のお 手伝いをとおっしゃる。「どうして8月決算等の情報を得たのか?」「役所の調書で調べ れば分る事です。」「そういうせこい調べ方をする会社にお手伝いを頼む意志は毛頭ない。 即刻、名簿を削除しなさい。」

 杉浦日向子さん死去のニュース。ガロ時代の頃は大好きであった。享年46歳。ショッ クである。
 (05/07/31記)
2005/07/24
(Sun)
 昨日の地震、事務所には倒れそうなものが沢山ある。棚においてある有象無象の小間物 とかが落ちているのではないかと危惧したが、落ちているものは何も無い。パソコンの上 においてあるフカサワさんからの洋行土産のモンタナの石2かけらが倒れていたが落ちて はいない。いつだったかの地震の時には床に積んである本が一山崩れていた事があったが 今回はそれもなし。
 OBのK氏よりOBの名寄せ用の名簿の件でメールが届いていたので手持ち分の一覧を 送付する。
 (05/07/31記)
2005/07/23
(Sat)

東京震度5
 W女史よりEQ社RHのメモがあったので一部改造。集計関数部分が排他制御で無視さ れる現象が発生。一部やりくり調整。

 本日は家人が誰もいない。ビールを飲みながら塩ラーメンとトッピング用野菜を炒めて いると食器棚がガタガタした。かと思うとグラリと来た。冷房を入れていないのでベラン ダ側の戸と玄関のドアは開けっ放しなので出口は確保されていると冷静を装いガスを止め る。揺れが気持ち悪いので足踏み。ベランダの向こうの隣りの棟でも外に出ている人が数 人見える。後で調べると食器棚の上の段にあった薄くて安くなさそうな茶碗風の小鉢が3 枚ほど隙間から落ちて割れていた。会葬お礼にいただいた高そうなバカラの広口グラスが 1杯(1つしかないのだが)縁のところにひびが入っていた。洗面台には櫛が1本落ちて いた。

 「文壇」野坂昭如・文春文庫 4-16-711913-7 (5092)
 野坂昭如氏の文壇に登場する頃の時代の物語。火垂るの墓は作り事であった事を含めた 文壇をめぐる自伝的回想的暴露小説。
 (05/07/31記)
2005/07/22
(Fri)
 NMK、S氏よりOB会用のブログへの招待メール。早速登録すると、登録されました、 S氏からあなたの紹介文がアップされました、と立て続けにブログの仕組みの中からメー ルが入ってくる。すこしうるさそうなブログである。
 EQ社から昨日依頼しておいた旧システムの資料が宅配便で届く。
 W女史にEQ社のオンライン系の開発の分担を決める。
 以前に作成した漢字変換系の関数の探し物とそれらの関数の作成作業。
 短期予定表回収。8月よりW女史はMD社の作業に入るのでNにもEQ社の作業に入っ てもらう事にする。次回のEQ社訪問にはW女史と同行して作業内容の理解を依頼する。
 EQ社Y女史よりSJのマスタ登録が間に合っていないとの連絡の電話。次回のテスト では間に合っていなくとも支障はない事を伝える。
 IC社W氏より電話。KE社K氏と一緒に暑気払いを26日にしたいという。26日は 嫌だと答える。では28日という事にする。場所をどうするかとこちらに振るので面倒な のでとにかく28日は空ける事にするからと答えておく。
 AT社O氏よりOB準備会のHP立上げ用の資料の添付メール。拡張子がsitというフ ァイルで開けない。バイナリで見てみるとスタッフイットというソフトの拡張子らしい。 使用した事が無い。MACで作成したという事なのでAC社H女史に連絡して、このファ イルを何とかしてWindowsでブラウズしたいと添付メールをする。O氏を含めて2、3の メール往復でStaffItStuffItというのは有名な圧縮解凍アーカイバーのようなソフトであること がわかる。Aladdin Expanderというフリーソフトをセットアップして落着。
 夕刻、AT社O氏、GW社T氏、AC社H女史来訪。OB会用サイトの立上げの打合せ。 作業分担の決定。反省会は『香港食堂』。
 不在中にNMK、S氏より電話(20:35)。打合せ中の陣中見舞いの電話だったかもし れないが既にこの時刻はフェーズは反省会に遷移していた。
 (05/07/30記 05/07/31訂 05/08/04訂)
2005/07/21
(Thu)
 IS社I氏より電話。SJ社から連絡が入っているとの事と本日同行予定であったMB 社K氏はご身内の方に御不幸との事で不参加とのこと。
 SJ社O氏に電話、テスト日程についての打合せ。メールを差上げるとの事なのでこち らからアドレス確認用のメールを送付。折返し申込書の添付メール。内容を記入してお返 し。事務処理が事務的に動いていくこころよちさがありますね。
 別回線で立てているパソコンのFTPサーバーには不正侵入(覗き)が一日数通ある。 時々は攻撃状態のものもある。昨日(05/07/20)の午後2時頃にイガラシ名義の正規ログ インでファイルリストを取得したログがある。
 午後しW女史とEQ社訪問。小伝馬町駅にてIS社I氏と待ち合わせ。RH社の受信テ ストとYFの印刷テスト。YF分はテスト完了。
 帰社後にEQ社Y女史より電話。YF社の本番稼動の日程の件とパソコンの操作の件。 本番稼動前に操作説明の予定をしている事と間に合わなければ説明書をFAXする事にす る。
 日経産業新聞、会社人事・機構改革欄を見ているとP生命保険のN氏の異動が載ってい た。早速OB会用のHPに載せてみる。
 (05/07/30記)
2005/07/20
(Wed)
 FI社よりEQ社のオンラインテストについての確認書のFAXが届く。
 TG社N氏より案件情報メールのお礼メール。お礼と突然であるがTG社を明日に退社 するという。
 W女史よりEQ社のYFのデータの属性についての確認。
 IS社I氏よりFI社Y女史から電話が入っているとの連絡。経路を一本化しないと伝 言ゲーム状態でややこしい。Y女史へFAX着の確認とお礼の電話。
 IS社I氏、MB社K氏来訪。K氏とは初対面名刺交換。明日のEQ社訪問時に同行予 定とする。
 お帰りになったIS社I氏よりEQ社I氏から明日の訪問時刻の確認の電話が入ってい るとのこと、こちらも伝言ゲーム状態。
 明日のテスト予定のW女史のプログラムのソースを眺めて気になる部分を指摘する。だ いぶ丁寧な準備(チェック)をしている。
 From Mr.***(*******)TEL。お断り。名簿削除依頼。05-07-11 Monにもしている。
 From ******(***の工事の会社)TEL。「***の工事の会社の電話 は受付けません。」お断り。
 (05/07/30記)
2005/07/19
(Tue)
 21日訪問予定のEQ社での作業手順チェックリストを作成する。
 W女史に作業手順についての引継をする。
 BP社W氏という人からメール。OBの方だという。X社のW氏からメールをいただい て当方に連絡を差上げたとの内容。本文に載っている氏名を探してみるがどちらのW氏も 見つからない。まさか新手のフィッシングでもあるまいとも思ったが入社年度など素性を お尋ねするメールを返しておく。OB準備会のメールに載っている同報アドレスの方々に 問合せをしてみると大阪出身のCC社O氏から回答があった。間違いなくOBの方らしい。 メールをやり取りしてみるとなんと同期入社の方であった。その後で会社のサイトを参照 する。ついでにOB会の賛助リンクまで申し込んでリンクする。
 置薬屋さん来訪。新しい担当者であると。使用していない薬が開けた痕跡があるという。 そんな筈はないので文句をいう。その薬は前回の来訪者がわざわざメモをつけて置いてい った薬であった。面倒なので持ち帰ってくれという。結局は前任者に確認してみるという 事で落着するが、前任者が在籍しているのであれば担当替えなどしないのではないかとも 思う。
 IS社I氏より電話。明日にもハードウェアの調達依頼予定会社のMB社を紹介したい との事。

 W女史との引継中にMS銀行N氏来訪。ほんの少しの時間だけですからとおっしゃるの で、「会社の普段の状態を見たいからでしょうが、連絡無しでいらっしゃるのは銀行屋さ んと税務署ですね」と嫌味を言う。
 過去2期の決算書を提出いただければ事前に融資額や条件を今までのような審査システ ムではなく回答が出来るという。(この仕組みについては「日経コンピュータ、2005/07/ 25号」にも載っている)。突然来られて決算書といわれても提出する気もない。
 ついでに金融機関の情報漏洩の話をしたらN氏はだいぶ気分を害された模様。後でのこ のこと融資依頼に行ったら仕返しをされるかもしれないな。

 IC社より案件情報メール。同報転送済。ついでに同報のD社YさんにOB会の賛助リ ンクの依頼をしておく。
 EQ社I氏に電話。21日の訪問前にFI社からFAXが届く筈なのでそれらの確認。 届いているかもしれないが分らないとおっしゃるのでFI社の方に電話をして株ジンの方 にもFAX送付を依頼しておく。
 From Ms.**(****)TEL。手形割引融資。お断り。名簿削除依頼。
 (05/07/30記)
2005/07/18
(Mon)
 Nは本日社名変更となったNU社訪問。通信系の設定の変更らしい。
 IS社I氏来訪。EQ社の打合せ。依頼作業の分類と事務処理の方法などについて打合 せをする。

 地方新聞社のサイトを見ている。地方新聞社といっても福島県の新聞社である。F民友 新聞とF民報新聞である。たまに生まれた村の話題などが載っている。本日はFM友新聞 の方に「奥会津の強み」という話題で奥会津文化フォーラムで「集落を維持する仕組み」 として、かすみ草昭和花き研究会の菅家博昭会長の講演のことについての記事が載ってい た。が、その中で、「・・・と、昭和町の例を挙げ紹介した」。と書いてある。
 お〜い、新聞社が地名を間違えるか。新聞社のメールアドレスがあったのでメールで指 摘する。菅家さんの住んでおられる場所は町ではありません。昭和村です。ほとんど の方はお気づきにならないかも知れませんが、在住者にとっては「町」と書かれても気分 の良いものではありません。ついつい一言多い事を書いてしまう。夕方に再度参照し てみると改訂されていた。特に望むものではないがこの件についてのレスは無かった。
 HPのアップ。
 (05/07/30記 05/09/25訂)
2005/07/17
(Sun)
 冷蔵庫にイベントの残りのびーるがあったのでつまみ飲み。
 HPのアップ。
 本棚の整理。
 (05/07/30記)
2005/07/16
(Sat)
 イシハラさんより電話番号しか分らないがOBらしい人の名前を探し出せるかとの電話。 会社に行かないと分らないと答えると、「自宅にパソコンはないのか」という。「あって も名簿などは入れておらぬ」と口答えする。
 午後に出社すると、完璧にイベントの後片付けがなされていた。
 イシハラさんの尋ねた電話番号を検索してみるとOBのK氏の会社B社であった。電話 で連絡。なんでも昨日に不在の時に数度電話があってその人の名前を聞き損ねたままだっ たという。本日になってその電話番号に電話をすると不在なのだという。会社なので不在 なのだろう。もう少し調べてB社K氏の自宅の電話番号までたどり着く。イシハラさん 「それでわざわざ会社に出たのか?」というので勿論です、と恩に着せておく。
 IS社I氏よりメール。7月18日に来訪したいとの連絡。レス済。
 (05/07/30記)
2005/07/15
(Fri)
 IS社I氏よりメール。EQ社の件でFI社Y女史より連絡が入っているとの内容。Y 女史宛てに電話。RHの通信テストの件の諸元確認。テストは21日の予定となる。I氏 宛てに確認の報告電話。
 W女史にEQ社の印刷系のテンプレートを作成して引継をする。
 EQ社I氏宛てに現況説明と訪問テストの件をお知らせする。
 前回のOB会(OLIMPIA)のリストと連続無応答者のリストを作成してみる。
 ZL社N営業所Y女史よりN宛てに電話。
 夕刻よりイベント。8名。ダーツとビンゴ。遂々流れで二次会はFさんの知合いの目黒 のカラオケ。夜中の3時、当然電車もなし。三次会組があったのかもしれない。

 「ダーリンは外国人 2」小栗左多里・メディアファクトリー 4-8401-1032-8 (5090)
 「私の百人一首」白洲正子・新潮文庫 4-10-137909-2 (5091)
 白洲正子氏が京都の骨董屋で見つけた「浄行院様御遺物」という箱書きのある百人一首 の全写真と一枚毎の百の解説。活字を読んでから写真に載っている文字を読んでもなかな か読めないのである。登場人物の関係も読んでも全然頭に入ってこないのである。素養の 問題なのである。理解できないので家系図(相関図)のデータベース構造などを考えてし まうのである。
 (05/07/30記)
2005/07/14
(Thu)
 NU社W氏よりN宛てに電話。追加見積分の案件は仕掛りとするとの連絡。
 NMK、S氏よりOB準備会議事録と次回案内のメール。趣意書の仮アップとJET社 K氏へリンク許諾依頼メール。K氏より許諾メール。即アップしてお礼メールを差上げる。
 NMK、S氏宛てに趣意書の誤字脱字指摘メール。
 IC社W氏に電話。イベントのお誘いメールの返事が来ていない。W氏は九州博多山笠 を見に行くとのこと、Y女史は風邪でダウンとの由。
 A社KさんにHPの感想メール。
 NよりL社T氏宛てにJFのSI対応分の見積りメール。
 ZL社訪問中のW女史より作業報告と直帰通知の電話連絡。
 (05/07/30記)
2005/07/13
(Wed)
 出社の途中、恵比寿駅でBK社O氏にばったり。つい先日のOB会でお会いして「同じ 恵比寿なのに見かけないね」などと話したばかり。偶然というものあるものだ。
 D社T氏よりメール。急ぎのSEを募集しているとの内容。当社では無理なのでSI社 K氏に転送しておく。
 EQ社用の伝票印刷用の資料を作成、W女史に説明。
 NK銀行Tという女性より電話。手数料ゼロの融資の件。DMは届いているのでいずれ お世話になるかもと挨拶だけしておく。
 N会計N女史よりメール。参加社名簿送付のお礼。レス済。
 (05/07/18記)
2005/07/12
(Tue)
 N会計N女史よりメール。メールアドレス相違の確認。
 PC社I氏よりメール。昨日の賛助リンクの承諾メール。バナーとなる適当なロゴがな い。電話とメールでやり取りして面倒なのでロゴ画像そのものを送付してもらう。
 FS社M氏よりメール。OB会参加者一覧のメールアドレスの変更について。
 L社T氏より電話。別件の見積依頼の打合せ。ただ、つなぎのシステムなので発注があ るかどうかは相手次第との話。うまく行ったら発注は無し、うまく行かなければ発注の可 能性ありという。複雑な心境である。
 From Ms.****(**************)TEL。お断り。
 プロレスラー、橋本真也氏脳幹出血で死去。同い年くらいかと思っていたら40歳。た め息です。

 「返品のない月曜日」井狩春男・新風社文庫 4-7974-9003-9 (5089)
 (05/07/18記)
2005/07/11
(Mon)
 出社すると自分のパソコンの電源が入ったままだった。昨日の帰りになんだか忘れ物と 思ったのはこの事だったのかと気づいて納得する。それはよいとして本日はハンカチを忘 れている。この忘れ方は暑さのせいだけではあるまゐ。
 EQ社の開発作業。
 SI社K氏より電話。先日のWeb系の話について。
 TH社N氏より電話。N氏は元の会社の同僚。先日のOB会では参加者全員の名刺集め を依頼した。貰わなかった人の確認など。電話中にSU社T氏来訪。T氏も元の会社の1 年先輩の方である。N氏の電話にいきなり代わってもらう。T氏は電話を切るまでN氏だ とは分らずに先輩かと思ってご丁寧な言葉使いをされていた。今年の2月に転職された話 などの雑談。
 Fさん来訪。イベントの件。池田弥三郎氏の話ついでに「私の食物誌」をお貸しする。
 先日のOB会の参加一覧を改訂して参加者全員に送付する。同報リストを間違って1名 不参加者の方にも差上げてしまう。メールにて送付ミスのお詫びとついでに賛助リンクの 依頼をする。
 NよりTG社分の入金情報。
 From Mr.***(*******)TEL。お断り。名簿削除依頼。
 From ****の***TEL。「部長は戻られていますか。」「どちらへお掛け か?」「*****さんですが。」「違います。」
 From Ms.****(*****)TEL。事業資金。お断り。接客中。
 (05/07/18記)
2005/07/10
(Sun)
 EQ社の印刷部分の構想を練る。
 退社時に1階まで降りてから、なんだか忘れ物をした気がする。部屋の鍵を掛けたかど うかが急に気になってしまった。もう一度3階まで戻って施錠確認。勿論施錠はしてあっ た。
 (05/07/18記)
2005/07/09
(Sat)
 S氏より昨晩の参加お礼のメール。
 昨日のOB会で会った人の会社を3社ほど賛助リンクに登録して報告件 承諾依頼メールを出しておく。

 「ヤスケンの海」村松友視・幻冬社文庫 4-344-40648-6 (5088)
 マリークレール編集者、安原顯(やすはらけん)氏と著者との出会いから、余命1ヶ月 を公表した安原顯氏の壮絶な生き方を描いた交友記。
 (05/07/18記)
2005/07/08
(Fri)
 IS社I氏宛てにEQ社の今週の作業分についての報告メール。
 EQ社で昨日入手したテストデータの変換部分の確認。Y女史に電話してW女史に継続 テスト部分の訪問作業依頼。
 本日のOB会(OLIMPIA)の備忘等のまとめ。数通の電話とメールでドタキャン発生。S 氏宛てにメールしておく。
 EQ社訪問中のW女史より電話。印刷部分については既存のシステムではレイアウトが 合わない事が判明。既存システムに手を入れると泥沼化しそうな気配。仕掛中の新システ ム側で対応するように方針を変更する事にする。
 アゲハチョウが飛来。
 TG社U氏よりN宛てに電話と入金予定日の確認など。
 夕方より新宿『ライオン会館』にてOB会。初参加の方も4、5名。27年ぶりにお会 いした方もいらっしゃったとか。
 不在中にFさんより電話。来週のイベントの件。
 (05/07/18記)
2005/07/07
(Thu)
 ALSOKの営業来訪。ビル事務所のセキュリティの営業。事務所は大家さんに任せて いるからとの言訳でお断りする。さすがにきびきびした態度、先物取引証券会社の営業の ようにのこのこと入口から部屋の中には入ってこない。教育が違うのだろう。
 W女史にSA社のデータが採取出来た時のその次の処理のプログラムの仕様の説明。
 EQ社Y女史にSA社からのテストデータ受信操作依頼の電話。結果は受信出来ずとの 連絡。SA社T氏にデータを積んだかどうかの問合せ電話。食事中との事でコールバック 依頼。電話あり。結果は取引先の設定が間違っていたとの訂正依頼。それでは当然つなが りません。W女史に設定の変更まで依頼するのは忍びないのでW女史に訪問と受信操作ま でを依頼する。
 ZL社M氏よりN宛てに電話。
 NよりNUの追加案件の問合せの回答メール。追加分も今回作業の一環かどうかを尋ね ると未定案件との由。
 EQ社の資料の読込。
 帰社したW女史よりテスト結果の報告。SA社T氏にテスト協力お礼と報告メール。
 From Ms.****(*****)TEL。事業資金。お断り。
 From Mr.**(××****)TEL。個人情報保護法について。お断り。
 夕刻は神保町にてOB準備会。二次会で終電間際まで。
 ロンドンで、同時多発テロ。

 「無想庵物語」山本夏彦・文春文庫 4-16-735207-9 (5087)
 (05/07/17記)
2005/07/06
(Wed)
 NはNU社直行。
 IS社I氏より電話。本日のEQ社訪問の待合せ予定。EQ社Y女史に訪問時刻連絡の 電話。
 W女史とEQ社訪問。打合せ。オンラインの設定をしてテストデータの積込依頼の為に SA社T氏に電話をするが離席中とのこと。しばらくして再度電話をすると外出中で不在 との事。受信テストが出来ないままで諦めて帰社。
 帰社後夕刻にSA社T氏に再再度電話。急用で外出せざるを得なかったとのご説明。明 日の朝から受信できるようにしておくとの確認をもらう。W女史に明日の訪問と継続作業 を依頼。
 EQ社の追加資料の読込など。
 From ***TEL。貸事務所情報。お断り。

 愛妻の遺骨を日本の土に埋めて、一人ヨットでアメリカに帰る夫の遭難と漂流ヨットの 発見。81歳、日本男児ここにあり。もって瞑目すべし、と思う。
 永島慎二氏死亡ニュース。わたしの中の中央線がどんどん離れていってしまう。
 (05/07/17記)
2005/07/05
(Tue)
 IS社I氏よりEQ社用同報メール。6日の予定について。訪問予定にW女史が入って いないので指摘。後刻に確認電話
 ZL社M氏よりN宛てに電話。
 W女史に6日のEQ社訪問時の作業予定の引継。

 郵政民営化関連法案。自民党内でも反対しているのに公明党の反対がゼロとはどういう 事なのだろうと誰も疑問に思わないのは何故だろう。思っていても言っちゃいけないオト ナの世界のコトか。
 (05/07/17記)
2005/07/04
(Mon)
 EQ社Y女史に電話。訪問予定日の確認。月曜火曜は多忙との事なので7月6日(水) とする。
 SA社T氏にEQ社のオンラインテストの実施予定日を6日としてもらうように電話で 確認、関係者メーリングリストにメール。IS社I氏より回答メール。HTML形式になって いるので投稿拒否。
 ZL社M氏よりN宛てに電話。
 NU社W氏よりN宛てに電話。
 ZL社N営業所Y女史よりN宛てに電話。
 TG社U氏よりN宛てに電話。
 ZL社MN氏よりN宛てに電話。本日のNは電話対応だけで大忙し状態。
 日経産業新聞の人事欄の細かい文字を見ていたらCS社Y氏の名前が目に入ってきた。 Y氏は元の会社のOBである。25年ほども会っていない。メールを出してOB会用のH Pに人事欄の報告をアップしておく。
 MAMAが時々フリーズ状態となる。気になっていた無限ループの可能性の箇所を改訂して みる。
 A社KさんにHPの感想メール。
 IS社I氏より電話。6日のEQ社訪問の件。Y女史に説明と確認をしてある件。
 ST社M氏より電話。K氏の会社名の問合せ。MM社と答える。五反田でばったりK氏 と会い近所のビルと階数を聞いたのだがそれらしい会社名が見つからないとのこと。手持 ちの名簿で電話番号を調べると場所が違うので電話番号もあてにならない。
 From *******TEL。**新聞の広告企画会社。広告。お断り。名簿削除 依頼。
 From Mr.**(***)TEL。お断り。名簿削除依頼。*****という会 社の電話営業の方は必ず「***の」といって取り次ぎを依頼する。
 From Mr.大田?TEL。不在。18:30。

 「続 会津士魂 八」早乙女貢・集英社文庫 4-08-747532-8 (5086)
 会津士魂13巻、続会津士魂8巻、全21巻の大団円。30年間書き続けてもまだまだ 終らない。
 (05/07/17記)
2005/07/03
(Sun)


 今回の都議選の投票所の場所である八雲小学校を訪問。さっそく「投票済証」の事を尋 ねると昨日の新聞報道の関係もあるのか、すぐに担当の方が投票所名をボールペンで手書 きして渡してくれた。なんともまあ、駅で発行する遅延証明書よりもお粗末な用紙である。 左図がそれである。原紙はB7版、飲み屋の手書きの領収書綴りのような冊子から切離し て使用するものである。「投票者の所に届く番号等は記入してくれないのか?」と尋ねる と、「そういう証憑にはなっていません。」との回答である。「どうしてこういう仕組み がある事を宣伝しないのでしょうね」と一言余計な事を付け加える。
 「投票済証/平成17年7月3日執行/東京都議会議員選挙/目黒区第××投票所」と ある。「目黒区第××」の部分が手書きである。投票行為そのものは、まぁむにゃむにゃ。
 積極的に宣伝もしない「投票済証」元々の発行原因(理由)とは何だろうと少し考えて みた。昔はそれなりの明確な機能があったのではなかろうか。昔というのは投票用紙その ものも自動発行機で発行するようなものでもなく単なる印刷紙であったと思われる。例え ば「投票済証」は必ず発行してその枚数と「投票用紙」の使用済枚数を数える事により差 数を調べて不正がなかった事の付帯証拠とするなごりとか。現在の投票用紙は開票時に広 げ易くする為に特殊な用紙を使用しているらしい。また、入口で名簿のチェックと投票用 紙の自動発行機能が完備しているので投票用紙の不正水増し等は難しいと思われる。また、 昔の投票用紙の形態の場合には以下のような手口で某立候補者への投票依頼を確実に確認 する事が出来る。どうするかというと、「投票済証」の上に「投票用紙」をおいて名前を 書けば「投票済証」に筆跡が残るのである。投票を依頼された選挙人はそれを選挙事務所 に持参することにより報酬を得る事が出来る。
 このように考えてくると、元々は力のある立候補者(お代官様ですね)が選挙管理委員 会に圧力を掛けて屁理屈を持って「投票済証」の仕組みを制定させたのではないだろうか とも考えられる。選挙管理委員会も全体の発行枚数に不正はないというたてまえの傍証機 能にも使用できる。双方丸くおさまる見事な機能である。
 しかし、こういった不正行為の確認は現在の投票用紙では出来なくなっている。投票用 紙がそこそこの厚さでかつ準備されている鉛筆で記入するので「投票済証」に筆跡が残ら ない。筆圧を高くして力を入れて記入すれば残るかというとその前に鉛筆の芯が折れてし まうのである。うまく出来ている。
 形骸化しても残っているのは当然お役所仕事であるからである。
 選挙の前に全員当選が確定しているような党が跋扈する現在、選挙人の半数以上もの人 々が呆れ返って選挙に行かないのも当然である。買収されても金をもらうわけにもいかな いし。早稲田の商店街の取り組みは革命的といってもよい手法の一つではないだろうかと 感心する。おざなりの選挙管理委員会の選挙をしましょうなどという公報は誰も信じては いない。「誰も」が言い過ぎであれば、「私は」決して信じてはいない。前回の「投票済 証」持参するとポイントが加算され投票が2票分になるとかいった事は誰も考えないのだ ろうか。「誰も」考えないというのは言い過ぎである。少なくとも「私は」そう考えた。

 YM事務所のY氏よりメール。OLIMPIAの会のファウンダーH氏の問合せへの回答のお 礼メール。
 HPのアップ。6月末までやっと届いた。
 義弟のタカシが来る予定との事だったので明るいうちに帰宅するが、既に来た帰ったと の事だった。

 長島監督登場。右手をズボンのポケットに入れている。ポケットに手を入れている写真 で格好いいなと思ったのは白洲次郎のスーツ姿の写真。最近ズボンのポケットに手を入れ ている人というのはあまり見かけない気がするが、ダンディなポーズの定型ポーズとして 昔(長島さんの若い頃)はあったのかも知れない。私がファッションの話をしても説得力 ゼロだな。
 (05/07/17記 09/07/17訂)
2005/07/02
(Sat)
 CM社K氏より昨日出しておいたメールの返事。レス済。
 N出社。ZL社、昨日より本稼動の為のスタンバイか。
 SA社T氏よりメール。昨日送付したYF社I氏宛てのメールの回答。IS社のメール アドレスで送付してあったのだが、IS社からもメールが転送されてきた。IS社のアド レスは筒抜けになっているという事だ(笑)。
 SI社K氏より電話。多忙かとの挨拶に暇だと答える。以前に手がけていた建設業関係 のパッケージを探しているらしい。当社では扱っていない事を伝える。1社心当たりがな いわけでもないがわざわざ泥棒のような会社を紹介する義理もない。協業できるかもしれ ないWeb系の話などと、OB会の賛助リンクの話。
 From Mr.**(******)TEL。消耗品。お断り。
 From Mr.**(******)TEL。「先程は新人の松尾が失礼しました。」 とのわざわざ再度の電話。新手の電話営業手法なのか。とにかく名簿からの削除を依頼。

 朝日新聞夕刊の記事に投票済証の活用のニュース。明日の都議選では、投票所で申し込 むと「投票済証」というのが入手できるらしい。早稲田の商店街ではその用紙を持ってい くと食事や商品の割引サービスをする事によって実際に投票率アップにも貢献していると のニュースである。
 ちょうど去年の今ごろ(2004/07/11)参議院選挙があった。その2日前の夜中にチャッ トをしていた。宮城県のわじぃ氏と名古屋のあこ女史とで「とにかく選挙の投票所に人を 集めるためのNPO団体、でぐちでたからくじ」というのを考えた。ただこの時は投票所 から紙を持ち出す事など出来るとは思いもよらなかったので投票所出口を会場にして協賛 社(人)からかき集めた宣伝入りの宝くじを配ろうとかそういう趣向であった。実際にや ってみようという意図もない空論(駄弁)だが、「出口で、宝くじ」「出口出たから、く じ」「出口出た、空くじ」いっそのこと「出口で当選者予想トトカルチョ」などと無責任 チャットはどんどん広がるのであった。それが「投票済証」という物証を投票所から持ち 出す事が出来るという事は色々モデルが考えられるではないか。明日は是非とも「投票済 証」というものを入手してみよう。家人は「それは早稲田の投票所でしかしていないので はないのかい?」と全然信じていない。
 (05/07/17記)
2005/07/01
(Fri)
 胃痛である。
 本日よりZL社の追加システムの本稼動予定日。
 S氏よりOLIMPIAの会の参加状況のメール。I氏よりM氏が参加予定の筈であるが確認 されたしとのメール。M氏に同報メールを差上げておく。
 IS社I氏よりEQ社の件の電話。追加資料の入手と明日にも営業会議の予定とか。ハ ードウェアの手配について。
 OBのS氏よりOLIMPIAの会の不参加通知。
 NMK、S氏より名簿の訂正お礼メール。レス済。ついでにK氏の連絡先の確認メール など。
 EQ社の件で、YF社I氏に電話。不在。メールにてテスト準備と手順などの質問メー ルを出しておく。
 OBのI氏より同報メールで元の会社のニュース情報。早速リンクしてみる。
 (05/07/17記)
 
 
 
もどる

気まぐれリンク

Site Map