[スレッド]遠州ぎんぼう話




    Date: Mon, 23 Jun 2008
    Subject: Re: 第25回新宿会・雑談
    From: Jin Igarashi

       先日の、久二子スレッド以後の話ですが、WATさん等との魚の「ぎんぽう」 話をしていました。それにS川氏がYさん同報付きのままでバカ話を続け ていたら、ついに(ほんとに)Yさんからカミナリが落ちました(^^;

    From: Kenchan
    Date: Mon, 23 Jun 2008

      ぎんぼうは浜名湖で取れるのだが、3月末位の非常に短い期間しか取れない。

      しばらくぎんぼうのてんぷらを食っていないなぁ。

      WATにどこで食えるか聞いておいて。

    From: Jin Igarashi
    Date: Mon, 23 Jun 2008
    Subject: 飛び火「ぎんぽう」

       「ぎんぽ組」同報:

       こんにちは、火付け盗賊改めチャッカマン五十嵐です。

      >> しばらくぎんぼうのてんぷらを食っていないなぁ。
      >> 渡部にどこで食えるか聞いておいて。

       15年程前には相模湾で釣れて、今年の6月17日以前には鎌倉の和賀江島 で釣果があったそうです。
       でももうそろそろ、シロギスらしいですね(^^;

        >>From: ワット
        >>Subject: Re: 本日が4連休初日・カルチャちゃ臨時高座
        >>Date: Sat, 10 May 2008

        ”ぎんぽう”とゆう魚を知ってますか?
        春から初夏が旬で、15〜20センチの、泥鰌の親戚みたいなやつです。
        詳しくは、検索してみてください。
        焼いても煮ても、旨くないが天ぷらだけは、最高に美味なんです。
        最近は、高級天ぷら屋でも、あまりみかけないようです。
        ショウナンモンで、ぎんぽうの釣りかたを、知っているのは、ほとんどいません。
        釣り方を、内緒で、教えましょうか。ついでに、潮の満ち引きのことも。
        ぎんぽうの次は、初夏のシロギスつりです。

        >>From: ワット
        >>Subject: Re: 「第2回世界ブナ・サミット2008inただみ」
        >>Date: Tue, 17 Jun 2008

        なにがワインだ、ソムリエだ、セレーゴアリだあ。。。
        こっちは、ぎんぽう(要;検索)だあ。
        先日、鎌倉の和賀江島で釣って、天ぷらにして食ったら初夏の味だったぜ。
        明日は、シロギスつりだ。

        >>Date: Thu, 19 Jun 2008
        >>Subject: ぎんぽう
        >>From: "&T'sDESIGN"

        ぎんぽうといえば、もう15年ほど前に、相模湾に釣りに行ったとき
        (特に狙った魚はなし)、「わかし」がわりと釣れたなか、たった
        一匹「ぎんぽ」が外道?で釣れた思い出があります。ぬるぬるした
        感じで、船頭さんが「てんぷらにいいよ」といっていました。でも
        わかしがいっぱい釣れたし、たった一匹でてんぷらもないだろうと
        船頭さんにあげました。


    From: Kenchan
    Subject: RE: 飛び火「ぎんぽう」
    Date: Mon, 23 Jun 2008

      W部、

      浜名湖育ちのこちとらには、ぎんぼうは思い出の味。

      来シーズンどこかで食べられそうなところがあったら教えて。


    Date: Tue, 24 Jun 2008
    Subject: Re:飛び火「ぎんぽう」・県民性
    From: Jin Igarashi

       成行きで同報の皆様:

       こんにちは、五十嵐です。
       WATさんと、浜名湖育ちの「けんぼう」話をしていました(^^;

       ●んぽうは、煮ても焼いても食えないが、たまに揚げると美味しい(ことが ある)、、、、んまい!座布団3枚!!

       いや、そのことではなく駿河と浜松と箱根の先の痴呆、いや、地方性の話で した。○○は食えなくなるとかっぱらいをする、○○は食えなくなると乞食を する、○○は食えなくなると追いはぎをするだったかの話でした。音声でした ので○○部分はよく聞き取れませんでした(^^;

       最近テレビで県民ショーとかいう番組がありますが、こういう番組でネタを 仕入れると大体オサトが知れてしまいます。

       では、静岡県の県民性について記録力のイガラシの引き出しから、お披露目 しましょう。

      ■静岡
      「駿河人は下駄の歯が後から減るが、遠州人は前から減る」
      (「県民性の日本地図」武光誠・文春新書 4-16-660016-0より)

       ですって、ワタシニポンゴノイミパカラナイアルヨ

       はい、次の県民の方!

    From: Kenchan
    Subject: RE: 飛び火「ぎんぽう」・県民性
    Date: Tue, 24 Jun 2008

      何を寝ぼけたことを言っているのだ。

      静岡は一つではない。伊豆、駿河、遠州の三つに分かれている。

      スズキ、ホンダ、ヤマハ、日本楽器をはじめとする多くの楽器会社 の発祥の地である遠州が金を稼ぎ、駿河と伊豆の乞食どもが無駄飯を食う。

      Blogで地方交付税交付金や道路工事などにたかる痴呆自治体を「シャブ中の乞食」 と呼んでいるが、静岡県もそんな感じだろう。

      静岡に飛行場を作っているが、これも「土建屋の、土建屋による、土建屋のための 政治」の象徴だ。

      郵政改革に反対した**実という大泥棒野郎を片山***に倒させた遠州人のみが 立派なのだ。

      わかったか! しゃんしゃん


      *伏字は、掲載者が伏字としました。

    From: Jin Igarashi
    Date: Tue, 24 Jun 2008
    Subject: Re:飛び火「ぎんぽう」・県民性・三都物語

      >> 静岡は一つではない。伊豆、駿河、遠州の三つに分かれている。

       ははぁん、こういうことですね。

      ■静岡三態
      「駿河人は下駄の歯が後から減るが、遠州人は前から減る、伊豆人 は海に住んでいるので下駄を履かない。」ゲタゲタ。

    From: ワット
    Sent: Sunday, June 29, 2008
    Subject: Re: 飛び火「ぎんぽう」

      石* さま

      ぎんぽうの天ぷらを食わせる店はしりません。赤坂に良い店がありましたがい まはありません。
      ぎんぽうを検索したら「つな*」の夏のメニューにありました。「つな*」は、 いまやチェーン店、ぎんぽうは大量にコンスタントにとれる魚ではないので、 外国産? 確認してからが無難でしょう。 

      そこで、、、お暇はたっぷりでしょうから、八ヶ岳のイノシシとのおあそびは 休戦にして、たまには八ヶ岳をぬけだし、伊那谷くだって、浜名湖で自分で釣 ってみてはいかがですか?

      鎌倉の海岸の逗子よりに「和賀江島」があります。ここは鎌倉時代に主に中国 との交易のために築いた日本最古の埠頭です。(和賀江島を検索してください)
      800年もたっているので、地震、波などで、かなり崩れ、石もまるくなって いますが、大潮、中潮の干潮時には歩いて渡れます。
      私の中学校は、すぐ近くの山の上にあり、スケッチの時間は「和賀江島」で、 ギンポウ、タコをとり、教室にかえってから5分で絵をかいていました(友人 の分も)。ぎんぽうとは関係ありませんが、旧日本軍がつくった防空壕あとで コウモリをつかまえてきて、教室に放ち、大目玉をくらったこともあります。

      ぎんぽうの釣り方は簡単です。
      浜名湖にも、ゴロタ石の多い磯がたくさんあるでしょう。興味がおありでした ら、道具、仕掛け、釣り方を図解してFAXいたします。

      このアソビは昭和村のアンチャンにはむりです。

      おまけ。
      昨日、鎌倉で、キス、かわはぎを釣り、いとづくり、てんぷら、煮付けにして くいました。
      まさに、呂山人の気分です・・・・。


      *伏字は、掲載者が伏字としました。

    From: Kenchan
    Sent: Sunday, June 29, 2008
    Subject: RE: 飛び火「ぎんぽう」

      (お願い:**「さま」はやめて。 Kenでもケンチャンでもけっこうです。)

      情報ありがとう。

      浜名湖の北端、猪鼻湖と東名高速、第二東名を見下ろすみかん畑に囲まれた墓 地に3年ほど前、墓を移したので、浜名湖へは年に3〜4回行くが、釣は昔か ら苦手。

      高校の頃、一時釣をしていたことがあるが、浜名湖で冬、船から桟橋に上がる ときに片足を水中に落としてから、釣はやらなくなった。

      他人が釣ったものは喜んで食べるのだが。。。

      確かに「つな*」にあるとなると、出所を疑いたくなるな。

      浜名湖の西側に新居町というところがあって、そこがお袋の在所なのだが、昔 はそこへ頼んで入手したものを、お袋が天麩羅にあげていた。

      いってみれば、ぎんぼうの天麩羅はは「お袋の味」の一つだ。

      かわはぎ、いいなぁ。 肝も一緒にして刺身か寿司にして喰ったらこたえられ ない。

      長野県なんかに住んでいると、魚の話を聞くとよだれが出る。

      今度浜松へ行ったら、新居町にいる従兄に頼んで、なんとしても喰おう。

      10年位前、一時、鎌倉の寺に凝って、毎週行ったが、海へは行かずじまいだ った。またそのうちに行ってみよう。


      *伏字は、掲載者が伏字としました。

    From: ワット
    Sent: Monday, June 30, 2008
    Subject: Re: 飛び火「ぎんぽう」

      KEN ちゃんへ

      鎌倉の報国寺へは行きましたか?
      臨済宗、建長寺の末寺で、私はそこの墓に眠る予定です。竹林が有名な観光寺 で、女性の観光客(あまり若くはない)が多く、やすらかにねむれるか、心配 してます。

      そんなこと言わないで、新居町に行くなら、ぎんぽう釣りにチャレンジしてみ てください。
      仕掛けとつり方を、むりやりFAXします。

    Date: Wed, 02 Jul 2008
    Subject: 「ぎんぽう」・三都物語・蒸し返し
    From: Jin Igarashi

      >> 静岡は一つではない。伊豆、駿河、遠州の三つに分かれている。

       昨日は発見が2つありました。

      その1.
        いまは静岡県となっている伊豆、駿河(するが)、遠江(とお とうみ)を歩くことにした。

       とある。
       これは、「日本の中の朝鮮文化 7・駿河・甲斐・信濃・尾張ほか」(金達 寿:講談社文庫)の、書きだしである。
       「遠江」と書いてくだされば、司馬遼太郎までを引き合いに出さなくとも、 あ、あのあたりねと分かるのである。

       では、何故、遠江(とおとうみ)人は自ずからの出自を「遠州」というのか を考えた。これは、一つの遠州人の見栄っ張りな性格が露呈しているのである。
       理由1.
        遠州といえば、「あ、森の石松」と名がとおりやすい。
       理由2.
        元々遠江(とおとうみ)というのは、近江(おうみ)に対比されて 命名された地名なので、二義的な感じがするので使いたがらない。

       その2.
       と、読み出したところで、テレビに「和賀江島」の古代遺跡が出てきたでは ないか。 これに絡めて、テレビでは海底遺跡の熱海につなげていた。そして、 再度、金達寿氏の本に目を戻すと、熱海を創った高句麗系渡来人の条である。
       なるほど、渡部氏が説明が面倒っちいので(和賀江島を検索してください) とおっしゃるのはむべなるかなと納得した次第(^^;

       嗚呼、わたしはIH様とWAT様という偉大な先達に恵まれて、今でも進化中 毎日が発見です。ありがたやありがたや、チーン。

       はい、以上です。

    主な登場人物
      IH様/Kenちゃん/Kenchan
        元某外資系ソフトウェア統括部長。現在は長野県茅野市で悠悠自適生活。
        超毒舌ホームページとブログはこちら。
        憲坊法師のホームページ
        http://www.geocities.jp/amenotajikaraonomikoto/index.html
        末期高齢者のコンビニ・ブログ 憲坊法師の徒然草
        http://blogs.yahoo.co.jp/higashidake/MYBLOG/yblog.html
      WAT
        元某外資系広報部、OT氏の上司。現在は湘南鎌倉で、塗箸のデザイン呻吟中。
      "&T'sDESIGN"
        元某外資系広報部部員。なりゆきで「クラブおおつき」主宰。現在六本木の アーバンなデザイン事務所で駄洒落をデザイン中。
      Jin Igarashi/五十嵐
        奥会津出身、元某外資系ソフトウェア社員。元某外資系子会社に転籍。 2年で退社、現在に至る。IDワードはカスミ。


    ※メール送付時の、誤字脱字は一部校正(構成)しました。
    (Copyright : Japan Intelligence Network / &T'sDESIGN / WAT / Kenchan)