恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)
YEBIsu_Journal Ironical News columns : Japan Intelligence Network
[指定頁切出表示]
[08/12/06]
======================================================================
■[恵比壽塵報]37号:駅ソバ、一人英会話教室
======================================================================

 平成のジョン万次郎物語。
 日本語の国の英語のはなし。

 12月10日、既に夜の時間である。都立大学駅から道すがら公園のほうに 歩いていた。
 と、人種としては日本人ではない通行人とすれ違った。すれ違いざまに
 「びーだいんめん」
 と聞こえた。筆者の英語耳は「ほったいもいじるな」程度なので、「びーだ いんめん」とこの様にひらがなに聞こえたのである。
 突然声をかけられたのかと思ったら通り過ぎていく。言わずと知れた都会の 雑踏の携帯電話である。
 ひらがなで聞こえたので、「美大ん前(めえ)・・」と連想してしまって、 ここは都立大だし、隣の駅は学(芸)大だし、場所を間違えて誰かと話をして いるのかと思った。
 筆者の後ろでは中年には少し前の年代のアベックが歩いている。彼等にも聞 こえたらしい。それほど声が大きかったのである。
 中年には少し前のアベックは、流行り言葉でいうと、アラフォー年代の二人 連れである。アラフォーという言葉は流行語大賞の発表で初めて聞いたので使 用例があっているかわからない。

 二人づれの話が聞こえる。

 :「ビーデアかな?」
 この男性は筆者よりはカタカナ耳らしい。すると、

 :「be there と言ったみたいよ。待ち合わせの電話でしょ。」
 最近の女性は英語耳らしい。

 筆者は、ははあ、I'll be there といったのか、とやっと理解した。
 すると、「びーだいんめん」は「ピーダー、インメン」と分割することが出 来た。
 では、「インメン」は、、あ、in minute のことなのね。

 いぇうぃきゃん!

----------------------------------------------------------------------
■恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)発行処:澁谷区恵比壽/日知網内■
■恵比壽塵報■ http://www.kkjin.co.jp/yebi_jin
バックナンバーリストへ




■お断りの説明■
本ページに掲載されている文章は、数名の方々へ同報メールしていたものを転載しています。 つまり私信としての扱いで書かれた雑文を元にしていますので、公開(掲載)時に一部訂 正削除、伏字としてある文書があります。また、内容によっては文書全体の公開そのもの を非公開としているものもあります。
一部に苦味の混じる表現がありますがそれは風味です。毒ではありませんので、そのままご賞味下さい(笑)