恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)
YEBIsu_Journal Ironical News columns : Japan Intelligence Network
[指定頁切出表示]
[09/02/04]
======================================================================
■[恵比壽塵報]52号:たったひとつの言葉に出会うための旅・その3
======================================================================

 −−シリーズ化−−そこにある・その3

 −たったひとつの言葉に出会うための旅−
 移動して出会う旅もある。留まることによる時間の旅もある。

《その1》奥会津昭和村からむし工芸博物館にお勤めの平田さん(学芸員補) が出会ったことば。
 「おめぇにこれ見せべと思ってたんだ。」
 今では殆ど作る人のいなくなってしまった新年の行事で使用した「手かけ」 という、松の葉を昆布で束ねて、生紙(きがみ)で包んで紐で結んだモノを作 って、平田さんの訪問を待っていてくれた村人のことば。
 奥会津昭和村/からむし博物館だより
 http://www.vill.showa.fukushima.jp/hakubutsukan.stm

《その2》研修生として奥会津昭和村で1年間暮らした織姫さんが出会ったこ とば。
 「こんな賞をもらえたのも、 織姫みんなが昭和に来てくっちゃからで、 みん ながいなかったら、ばぁちゃんたちはただのトオとサトでした。 みんなありがとう。」
 平成20年度地域づくり総務大臣賞受賞お祝いに、織姫が企画した食事会にお よばれした皆川トメ子さん(とぉばぁ)と山内サトミさん(さとばぁ)のこと ば。
 特定非営利活動法人・苧麻倶楽部
 http://karamushi.blogspot.com

 奥会津昭和村は日本のホノカア(仄か)村です。

 〈−たったひとつの言葉に出会うための旅−〉のフレーズは、以下のブロ グよりお借りしました。

公開時一部配置を変更しました。
----------------------------------------------------------------------
■恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)発行処:澁谷区恵比壽/日知網内■
■恵比壽塵報■ http://www.kkjin.co.jp/yebi_jin
バックナンバーリストへ

YEBIJIN certification : Designed by WAT 2009/01/21

■お断りの説明■
本ページに掲載されている文章は、数名の方々へ同報メールしていたものを転載しています。 つまり私信としての扱いで書かれた雑文を元にしていますので、公開(掲載)時に一部訂 正削除、伏字としてある文書があります。また、内容によっては文書全体の公開そのもの を非公開としているものもあります。
一部に苦味の混じる表現がありますがそれは風味です。毒ではありませんので、そのままご賞味下さい(笑)