恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)
YEBIsu_Journal Ironical News columns : Japan Intelligence Network
[指定頁切出表示]
[09/03/02]
======================================================================
■[恵比壽塵報]56号:体重計が教えてくれること
======================================================================

 妻がダイエーからデジタル体重計というものを買ってきた。
 ちょうど4人(家族員数)分の設定値(年齢体重など)を登録しておいて、 自分の番号を押して体重計に乗ると、脂分とかなんとかかんとかとかの数字や 「燃えやすい/標準/燃えにくい」とか「やせ/標準/肥満」とかが表示され て、体重計が計算した最終結果としての体内年齢というモノが表示されるので ある。時系列で記憶されるのかとかその他の機能が搭載されているのかは判ら ない、調べたくない、記憶されたくない。

 ちょうどいつもの予定本数のビールを飲んで仕上がった頃に、息子が「年齢 は××、身長はXXX」とわたしの諸元を設定した。別に年齢を偽装する為に ××としたわけではなく正しい現在値での年齢を入力した。記録装置が内蔵さ れているとすると、来年の今日には年齢が1歳加算されて表示されるはずであ る。いまから楽しみである。
 というのは、PASMOを使用してから腹立たしいのである。定期券の自動 販売機でも同じであるが、誕生日を過ぎてから継続で購入するとしっかりと年 齢を+1して印刷するのである。要らぬお世話である。絶対に持ちたくないタ バコの自動販売機用カード、TASPOについても文句を言いたいことがある が、何を書いていたのか著者も忘れてしまいそうなので、話を戻す。

 ちょうどいつもの予定本数のビールを飲んで仕上がった頃に、息子が操作を 教えてくれるので体重計に乗ってみたのである。
 その結果、体重計が判断した体内年齢は、62歳と表示されたのである。
 納得というかショックというかどちらかと言えば、自覚と認識はしているの で、納得したのである。

 さて翌朝である。朝のトイレの前に、家人のいないところで、そっと乗って みた。今度は、57歳と表示された。ひと晩で5歳も若返ったのである。その 後、しばらくテレビを見て、ヒゲを剃って、風呂に入る。

 風呂から上がって、そっと、乗ってみる。体内年齢は52歳と表示された。 半日も経たないのに、わたしの体内年齢は10年の歳月を行き来したのである。 どうりで最近、一日が長いと思っていたが、これは仕事が無くてすることが無 くて一日が長いわけではなかったのだ。まさに、風呂上りのEUREKA(ユ リイカ、発見!)である。アルキメデスは風呂の中でユリイカと叫んだが、わ たしは、少し遅れて風呂を上るまでの時間が掛かってしまった。

 これらのことから、どのような客観的な辻褄と事実を推し量れるだろうか。 アルキメデスにそそのかされて、わたしの原理発見魂(げんりはっけんだまし い)に火がついてしまったのだ。脂肪は燃えてない(肥満のまま)ようだが、 魂は燃えやすいのである。

 わたしが出した結論はこうだ。

 「ビールを飲むと、一回り大人になれる」

 まだ初日なので、「キリン一番搾り」でしか計測していない。他の「キリン ラガー」「エビス」「サッポロ」ならどうか「スーパードライ」ならどうか 「発泡酒」「第3のビール」ならどうかまでは判らない。判らないが、「スー パードライ」や「発泡酒」「第3のビール」では、いつもの予定本数を飲む前 に飽きてしまうので、実験にならないだろうと想像される。仮に、これを例え 自分で自分に試してみるにしても、それは「人体実験」のようなもので人道に もとるのである。

 いまのところの、わたしの深い洞察と経験に基づく箴言(しんげん/アフォ リズム)はこのようになる。

 「まあまあ落ち着いて、ビールでも飲んで、大人の話をしよう」

公開時、箴言を変更してしまいました。
----------------------------------------------------------------------
■恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)発行処:澁谷区恵比壽/日知網内■
■恵比壽塵報■ http://www.kkjin.co.jp/yebi_jin/
バックナンバーリストへ

YEBIJIN certification : Designed by WAT 2009/01/21

■お断りの説明■
本ページに掲載されている文章は、数名の方々へ同報メールしていたものを転載しています。 つまり私信としての扱いで書かれた雑文を元にしていますので、公開(掲載)時に一部訂 正削除、伏字としてある文書があります。また、内容によっては文書全体の公開そのもの を非公開としているものもあります。
一部に苦味の混じる表現がありますがそれは風味です。毒ではありませんので、そのままご賞味下さい(笑)