恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)
YEBIsu Journal Ironical News columns : Japan Intelligence Network
[指定頁切出表示]
[09/03/31]
======================================================================
■[恵比壽塵報]63号:読売新聞夕刊「明日へ」に奥会津登場
======================================================================

 ==世間の会社は年度末==
 ==ご用とお急ぎの方は、次の段まで飛ばしてください==

 3月18日以来、読売新聞夕刊を駅の売店で購入して帰るのが、習慣になっ てしまった。この夕刊を読んでの副産物は、[恵比壽塵報]59号「カタカナ はカタナカ?」として上梓された。
 それと習慣とは何の関係もないが、あるところからのある情報で、読売新聞 夕刊の特集シリーズ物に掲載されるものがあるらしいと知ったのである。勿体 をつけているが、あるところからのある情報とは、カンケさんのブログの事で ある。
 その記事は第2面の特集欄に掲載される予定であるが、ところが、世の中は 「WBC」があったり、「ミサイル」があったりで、トップページが第2面を 侵食した為か、時々「お休み」だったりする。
 載っているのか載っていないのか、売店で「ごめんなさいよ」と立ち読みを すればいいのだが、駅の売店はスタンドからキオスクに名前を変えてしまった 為に立読み(スタンド)はさすがにし難い。恵比塵記者は、このあたりに東北 は奥会津の出身の奥ゆかしさを残している。
 これが関西人なら、金払う前にその場で新聞ばさばさ開いて、第2面をせわ しのう確認して、「おばちゃんごめんなー、この新聞、特集載ってへんからい らんわー」とか、「おばちゃんごめんなー、昨日こうたこの新聞なぁ、特集載 ってへんから見んかったんや、返すからお金戻してーな、」といった調子であ る。売店のおばちゃんも負けてはいない。「おっさんなぁ、さよな事言うとっ ても、この番組欄、赤鉛筆でマークしとるやんけ。どないなってんのや。」  ついつい、比較文化論になってしまった。
 中身を見ないでそのまま購入して、自宅で「さてと」と開くのである。ま、 1分1秒を争う訳でも無し、お目当てのものが無いことなどは日常茶飯事のこ とでもある。というおかげで、[恵比壽塵報]59号「カタカナはカタナカ?」 が上梓されたのであるから、メッケモノでもある。読売新聞夕刊には連載四コ ママンガ「地球防衛隊の皆様家のヒトビト」(しりあがり寿)は載っていないのが少し残念 です。

 ==ここからだよ==

 おまたせ!読売新聞夕刊(東京版)では、3月30日(月)から第2面特集 「明日へ」の新シリーズが、始まりました。

 そのタイトルは、「地域の力」
 キャプションには、このようにあります。
   疲弊が伝えられる地方。だが、「自分たちの力で地域をつく
   る」と奮闘する人々がいる。その姿を追う。
   (読売新聞記事より)

 第1回(30日)に掲載された記事は、鳥取県智頭(ちず)町の平均69歳 の女性6人が始めた藍染め工房。と「ちずぶるー」をブランディングしたもの。

 おそらく第5回まで掲載があるのだと思います。
 そして、第3回には、奥会津の宮沢賢治こと平成の宮本常一こと、会津学代 表でもありカスミ草栽培農家でもあり花卉業界のスーバーブロガー、菅家博昭 さんが登場されます。4月1日(水)掲載の「予定」です。

 内容は不明ですが、恵比壽塵報の独自念力調査による(ハッタリ)予想はこ うだ。
 ■キャプション
    「奥会津を文化とカスミ草でつなぐ」
 ■写真説明
    「この染め色カスミ草が奥会津の生産農家を牽引し、その独自 技術を惜しみなく公開して市場を開拓。全国のカスミ草生産者 に希望をつないだのである。」

 どうですか!
 外れたらごめんなさい。そのときはエイプリルフールっちゅうことで。

 本紙(恵比塵)の発表が洛陽の紙価を高めてしまい、売切れの恐れもありま す。掲載日の4月1日(水)はお早めに!
「予定」ですので、本日(31日)も押さえておきましょう(((^^;。


・ お ・ た ・ よ ・ り ・

(六本木支局)
    Date: Thu, 02 Apr 2009 10:34:34 +0900
    Subject: Re: [恵比壽塵報]
    From: &T'sDESIGN

    昨夕、読売新聞買いました。
    全国紙の夕刊を買うというのは、おそらく何十年ぶりではないかと。
    夕刊フジは創刊から会社やめるまで買っていましたが・・・

    菅家さんの夢と精神力に感服しました。
    降ってわいた葉たばこ栽培の打ちきり後のかすみ草転換までの努力はさすがです。
    さらに海外に向けての販売の夢を拡げる・・・
    奥会津発「地域の力」にエール!!!
 関連記事 「昭和館/茶飲みばなし」
 09/05/16 誤記訂正。
----------------------------------------------------------------------
■恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)発行処:澁谷区恵比壽/日知網内■
■恵比壽塵報■ http://www.kkjin.co.jp/yebi_jin/
バックナンバーリストへ

YEBIJIN certification : Designed by WAT 2009/01/21

■お断りの説明■
本ページに掲載されている文章は、数名の方々へ同報メールしていたものを転載しています。 つまり私信としての扱いで書かれた雑文を元にしていますので、公開(掲載)時に一部訂 正削除、伏字としてある文書があります。また、内容によっては文書全体の公開そのもの を非公開としているものもあります。
一部に苦味の混じる表現がありますがそれは風味です。毒ではありませんので、そのままご賞味下さい(笑)