恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)
YEBIsu Journal Ironical News columns : Japan Intelligence Network
[指定頁切出表示]
[09/08/03]
======================================================================
■[恵比壽塵報]78号:天地人に「ヒメサユリ」登場、そして次は?
======================================================================

 天地人に「ヒメサユリ」登場

 会津地方では視聴率百%(希望)の『天地人』です。
 昨日(8月2日)の放映では、「ヒメサユリ」が登場しました。
ヒメサユリは、世界で新潟県福島県山形県一部宮城県にしか自生しない固有種 です。ヒメサユリは『月田農園』をはじめとして、会津地方各処に物語を作り 出しています。これらの方々の地道な努力が、ヒメサユリのシーンとして採用 されたのだと思います。
 恵比壽塵報は、このブームにちゃっかりとあやかって、「ヒメサユリの自生 地は五十嵐姓の伸展地域と一致する」という大妄説まで打ち出しました。
(恵比壽塵報73号参照のこと)

 物語『天地人』の展開は、じわりと会津に向かっています。ヒメサユリの話 はその会津話へのプロローグとして語られました。勿論本紙独自調査から自ず と敷衍される想像です。

 次に出てくるのは、

 「青苧は上杉公に随きて会津に行きたり」
 (このフレーズは、工芸博物館の説明からお借りしました)

 つまり、からむしの話へと展開します。するはずです。して欲しいです。
 折りしも、奥会津昭和村の『からむし工芸博物館』では、夏の企画展として
  『天地人〜上杉家を支えた苧(からむし)』
という展示会を開催しています。

 博物館内には、詳細な説明パネルがあります。そこでは、上杉景勝・直江兼 続とからむしの関係についてご紹介しています。作成者のH女史は、「字数が 多くて、」と恐縮されていましたが、そんなことはありません。じっくり読む 観覧者はきちんと読むのですから。大作です。
 おかげで、恵比塵記者は内容については文句がつけられなくて、H女史と話 をする糸口を見つけるために「『行程』は『工程』かもね」などと本旨外のと ころを突付いてしまいました。

 真面目に印象に残った説明を反芻すると、上杉家の財政を支えたからむしの ことでは、

 『上杉は土地課税をしなかった』
 『脇売りは一切認めなかった』

 などと、現代の社会にも通ずる独自性を持った地域に対する『愛』があった のです。
 ただ、その時代は「からむし」は会津一帯でも栽培していたのです。上杉の 時代は、「あいづは愛の津」だったのです。あいづ中に愛があったのです。い ろんな戦争があり、愛のない国策や政策や時代に翻弄されました。そして、い ま、その『愛』を引き継ぎ続けたのは、唯一昭和村だけとなったのです。
 昭和村の人は奥ゆかしいのでそこまで言いませんので、あへて、恵比壽塵報 は報ずるのである。

『天地人〜上杉家を支えた苧(からむし)』展。まだまだ開催中です。
  期  間/7月1日(水)〜8月31日(月)
  場  所/からむし工芸博物館 展示室
  入 館 料/大人300円(250円) 小中学生150円(100円)
 -博物館だより vol.43-
 http://www.vill.showa.fukushima.jp/cgi−bin/showa/hakubutsukan.cgi?id=4

公開時一部伏字と、引用記事以外の本文文章を若干改竄しました。
----------------------------------------------------------------------
■恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)発行処:澁谷区恵比壽/日知網内■
■恵比壽塵報■ http://www.kkjin.co.jp/yebi_jin/
バックナンバーリストへ

YEBIJIN certification : Designed by WAT ( since 2009/01/21 )

■お断りの説明■
本ページに掲載されている文章は、数名の方々へ同報メールしていたものを転載しています。 つまり私信としての扱いで書かれた雑文を元にしていますので、公開(掲載)時に一部訂 正削除、伏字としてある文書があります。また、内容によっては文書全体の公開そのもの を非公開としているものもあります。
一部に苦味の混じる表現がありますがそれは風味です。毒ではありませんので、そのままご賞味下さい(笑)


YebiJin Advertising Board 三行広告扱い中)
座布団!押掛け・協賛・お付き合い・喜捨・広告募集中 ロゴ、リンク付きもご相談下さい
恵比壽塵報[広告枠]
恵比壽塵報[広告枠]
[広告枠]↓クリッカブル
[広告枠]↓クリッカブル
記事を凌ぐ参照数!!
読まれています
恵比塵の広告欄
お申込は、
最寄の恵比塵支局広告係へ
貴方も作ればスポンサー
コピーフリー【村】シール
応援シール制作
■紹介所
■恵比塵・シール製作準備係

寿
−じねんと20年の記録−
『過疎といわれて
オタオタするな』

■著者:佐藤孝雄
ふるさと企画 (0241-57-2544)
 
 
恵比寿カスミ草取扱所
『佐藤孝雄のじねんと録』
企画制作:恵比壽塵報 Copyright Japan Intelligence Network