恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)
YEBIsu Journal Ironical News columns : Japan Intelligence Network
[指定頁切出表示]
[09/09/01]
======================================================================
■[恵比壽塵報]87号:おもてなし三題・おまけ−便乗でもよい−
======================================================================

 福島県会津、喜多方市では、市民から集めた傘を協力店に提供し、急な雨や 日傘用に訪れる人々に無料提供している。かつ便利のなのは、返却はどの店 (または駅)に返却してもよいというものである。
 この事業を、茄子をキャラクタにして「おもてなすの傘」と命名している。

 恵比壽塵報は、この喜多方発「おもてなすの傘」事業を既報で絶賛した。#1

 09年8月29日の朝日新聞Webには、柏市のJR柏駅前の「かしわイン フォメーションセンター」では、家庭で不用になったビニール傘に「カシワニ」 というシールを貼って貸し出しを始めたとのニュースが掲載されている。
 それによれば、「ゆるキャラ」として黄色いワニ「カシワニ」をつくって街 を盛り上げる企画が進行中で、「おいでよ! カシワニ」をキャッチコピーに したシールを作製、傘に張ることにした。とある。

 「茄子」の次は「ワニ」である。
 企画した同センター事務局長の談によると、「モノを大事に共有する仕組み や、柏に来る人たちをおもてなしする心を広めたい」と話す。
 会津喜多方発「おもてなすの傘」のココロは、こうして広がっていくのであ る。

 少し違いがあるのは、柏市では1ヵ所だけの運用である事と、デポジット制 として、貸出時に200円を預かり当日中に返却すれば全額返金するという。

 勿論「傘ない」や「貸さない」よりは、断然によろしいのである。が、この あたりに都市社会といなか社会の会津では、他者に対する向き合い(付き合い) 方の微妙な違いが表れてくるのである。

 ともあれ、全国各地で「喜多方流おもてなし」運動の『傘下』に入る動きが 出てきたのである。

 首都圏では動きはないのか。
 港区赤坂には、「アカサカサカス」という奇天烈建造物がある。あまりにも うまく思い付いたので、不安になった。調べてみると、「アカサカサカス」で は既に「傘」の駄洒落イベントをしていた。ただ、傘を貸した話は聞いていな い。

 太田道灌がひなびた里で蓑笠を借りようとさる家を訪ねたところ、その家の 娘が戸口から山吹の花を差し出したという故事がある。うろ覚えでおさらいを してみよう。

 「そこな娘よ、これはどうした事だ」
 「蓑(みの)がねいのですだよ」
 「ふうむ、そのココロは」
 七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだに無きぞあやしき
 「なに言ってんだかわがんねぞ」
 「おみしゃん、ホントに歌人の道灌様かい?
   『実の』と『蓑(みの)』を掛けたのもわからんとか!」


 とこういう次第である。(うろ覚えなので正確ではない:恵比塵)

 関東がまだアヅマの国であった頃には、アヅマの国でもこうしたおもてなし は存在していたのである。


【参考】#1
 ■[恵比壽塵報]81号:おもてなし三題−おもてなしのココロ−
 ■[恵比壽塵報]82号:おもてなし三題−「おもてなすの傘」−


・ お ・ た ・ よ ・ り ・

(横浜支局)

    Subject: 道灌
    DateDate: Tue, 1 Sep 2009 16:22:07 +0900
    市長選の取材などで忙しくしておりまして、ご無沙汰です。

    私も現場にいたわけではなく、さだかではありませんが、太田道灌が会ったカ ワイイ娘が山吹を差し出して「コノ無教養なじじい・・しょうがないえわね・・」 とおもいつつ言ったのは「〜無きぞかなしき」 だったとおもいます。
    でも、道灌の娘をみる目つきが好色で、あやしかったのかもしれませんが・・・?
    道灌の出生地はたしか鎌倉の扇が谷(おおぎがやつ)だったとおもいます。鎌 倉では山あいの地を、〜がやつと読みます。
    鎌倉風には、市谷はいちがやつ、四谷はよつがやつになります。
    どうでもいいか・・・?

    「おもてなす」、よいですね。
    私はかねがね傘は所有権なしにしたらとおもってました。
    傘を盗まれても警察に駆け込むやつはいないし、盗んでも罪の意識を持つやつ もいないし・・・しかし私の傘は例外です、マルゼンで買った英国の高級品で すから。
     ・・略・・
    てなわけで・・・わたべ


(武蔵小杉)

    Subject: Re: [恵比壽塵報]87号:おもてなし三題・おまけ−便乗でもよい−
    Date: Tue, 1 Sep 2009 17:38:22 +0900
    今回はおもてなしの傘の話でしたが
    先日テレビで「シブかさ」というのを見ました。
    渋谷のカフェやレストランで不要傘の無料貸し出しらしいのですが回収率(も どってくる傘)は20%で低いと出てました。
    ちょっと悲しいですね。確か学生がリーダーでやっているようでした。
    渋谷はお近くですよね^^。

----------------------------------------------------------------------
■恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)発行処:澁谷区恵比壽/日知網内■
■恵比壽塵報■ http://www.kkjin.co.jp/yebi_jin/
バックナンバーリストへ

YEBIJIN certification : Designed by WAT ( since 2009/01/21 )

■お断りの説明■
本ページに掲載されている文章は、数名の方々へ同報メールしていたものを転載しています。 つまり私信としての扱いで書かれた雑文を元にしていますので、公開(掲載)時に一部訂 正削除、伏字としてある文書があります。また、内容によっては文書全体の公開そのもの を非公開としているものもあります。
一部に苦味の混じる表現がありますがそれは風味です。毒ではありませんので、そのままご賞味下さい(笑)


YebiJin Advertising Board 三行広告扱い中)
座布団!押掛け・協賛・お付き合い・喜捨・広告募集中 ロゴ、リンク付きもご相談下さい
恵比壽塵報[広告枠]
恵比壽塵報[広告枠]
[広告枠]↓クリッカブル
[広告枠]↓クリッカブル
記事を凌ぐ参照数!!
読まれています
恵比塵の広告欄
お申込は、
最寄の恵比塵支局広告係へ
貴方も作ればスポンサー
コピーフリー【村】シール
応援シール制作
■紹介所
■恵比塵・シール製作準備係

寿
−じねんと20年の記録−
『過疎といわれて
オタオタするな』

■著者:佐藤孝雄
ふるさと企画 (0241-57-2544)
 
 
恵比寿カスミ草取扱所
『佐藤孝雄のじねんと録』
企画制作:恵比壽塵報 Copyright Japan Intelligence Network