恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)
YEBIsu Journal Ironical News columns : Japan Intelligence Network
[指定頁切出表示]
[09/11/18]
======================================================================
■[恵比壽塵報]93号:たまの交換
======================================================================

 事務所の天井には、蛍光灯の装置がついている。ランプ(厳密には蛍光灯装 置に装着する管)が2本ずつで1セットの装置である。12セットついている。 紐付きの蛍光灯であれば、役所がポーズでするように消して歩きたいところで ある。
 夏に渋谷の法務局に行った時には「省エネ」という事で時間で冷房が止る のか、部屋中蒸し風呂のようであった。ポーズもポーズ、大ポーズもいいとこ ろである。あれは単なる市民(客)いじめとしか感じられない。恐らくカウン ターの内側には、各職員用の指向性冷房装置か何かを装備しているのではない かと勘ぐりたくなってしまうほどである。

 蛍光灯の話に戻る。
 事務所は賃貸の事務所である。蛍光灯のランプの交換は利用者持ちである。 最近の蛍光灯は、メーカーの品質管理が進んでいるので、殆ど半分ほどの蛍光 灯のランプはかっきり1年ほどで点灯をしなくなる。そのように製造されてい るらしい。数年も長持ちしたり、一日で切れるというような当り外れは無いの である。

 蛍光灯の1セットがつかなくなった。ランプはASKULに発注して常備し ている。大抵は2本のうちの片方を交換すればつくようになる。少し色が違う ところもあるが両方を一緒に交換はしない。蛍光灯がストレスを受けるので省 エネの為には両方を交換するのがよいという話もあるが、メーカーが仕掛ける ブロバガンダにはくみしたくないので片方しか交換しないのである。

 今回は、それがつかないのである。仕方なく2本とも交換してみた。それで もつかないのである。どうやら装置そのものが接触異常かなにかで故障してい るらしいと利用者は判断せざるを得ない。
 蛍光灯の装置の使用は、賃貸料に含まれている筈である。問合せをしてみた。 大家さんから不動産屋さんからと連絡がきて、同じ説明を繰り返し、たらい回 しでビルの管理会社から電話が来た。もう一度同じ説明をする。

 ところが、プロ(管理会社)の対応は少し違うのである。

 「念のため聞きますが、お使いの蛍光灯は40Wでしょうか、20Wでしょ うか?」。
 「え?何で?元々天井についている蛍光灯のことですよ」。
 見上げて確認する。「40Wです」。
 「蛍光灯の端に型番があるのですが、FL40ですかそれともFLR40で すか?」。
 「なにそれ?」
 「FL40とFLR40の組み合わせだとつかないことがあるのです」。
 「新品2本で型番が違うことってあるのですか?」。
 といいつつも、交換す るつもりで間違えたかも知れないとも思う。きちんと型番を調べてみる。間違 いない。どちらも同じ型番『FLR40』とある。

 利用者由来の交換手落ちと装置由来の故障の蓋然性(Probability)がここ で逆転した。こうしてやっと電気工事の技術者の来訪の段取りとなった。が、 いまだ来訪せず。

 やっと、記事本文です。
 蛍光灯もつきにくい季節となりました。年末大掃除などで、ランプ交換をし て蛍光灯がつかなくなった時には、思い出してください。

 「球(たま)が、FL40とFLR40になってんでねーの?」

 冬日も多くなってきました。皆様どうぞご自愛のほど。


■おまけ:型番(FLとFLR)について
 FL40 Fluorescent Lamp 40W の略
 FLR40 Fluorescent Lamp Rapid start 40W の略

 [R]が付くのは、ラピッドスタート形という型番らしい。
 蛍光灯とは、チカー、チカー、ジュワジュワジジジ、ピカーッと点灯するも のだと思い込んでいたが、プン、パっと点灯するのが「ラピッドスタート形」 なのですね。そういえば「蛍光灯!」などというからかいコトバも聞かなくな りました。
 次は、LED攻勢で蛍光灯はアナログテレビと同じ運命をたどるのでしょう か。いまから蛍光灯対策(傾向と対策)を練っておきましょう。

                      旧型蛍光灯/恵比壽塵報

公開時、気付いた誤字を校正しました。

・ お ・ た ・ よ ・ り ・

(西新宿支局)
    今回も楽しく読まさせていただきました。
    これからも、めになるメール(?)よろしくお願いします。

(横浜・仮設支局)
    恵比壽塵報 編集長殿

    いつも楽しませていただいております。
    今回は特に、最近のわが身にも降りかかっていることなので、
    「そーだ、そのとーりだっ!」とPC画面に向かって叫びました
    (心の中で・・オフィスなので・・)。
    現在、自宅を建て直すために一時的にマンションを借りているのですが、
    1年経った頃からアチコチの電灯がプツっと切れ、既に5個も換えました。
    但し、私の場合、切れた電灯をもって店に行き、型番良し!と確認して
    買ったことが、ちょっとお利口でした・・・!( ^ -^ )!
----------------------------------------------------------------------
■恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)発行処:澁谷区恵比壽/日知網内■
■恵比壽塵報■ http://www.kkjin.co.jp/yebi_jin/
バックナンバーリストへ

YEBIJIN certification : Designed by WAT ( since 2009/01/21 )

■お断りの説明■
本ページに掲載されている文章は、数名の方々へ同報メールしていたものを転載しています。 つまり私信としての扱いで書かれた雑文を元にしていますので、公開(掲載)時に一部訂 正削除、伏字としてある文書があります。また、内容によっては文書全体の公開そのもの を非公開としているものもあります。
一部に苦味の混じる表現がありますがそれは風味です。毒ではありませんので、そのままご賞味下さい(笑)


YebiJin Advertising Board 三行広告扱い中) 09/09/29版
座布団!押掛け・協賛・お付き合い・喜捨・広告募集中 ロゴ、リンク付きもご相談下さい
『佐藤孝雄のじねんと録』
毎月郵送地域ミニコミ紙
博物館だより Vol.45
雑誌:会津学研究会
−じねんと20年の記録−
『過疎といわれて
オタオタするな』

■著者:佐藤孝雄
ふるさと企画 (0241-57-2544)
お申込みは郵便振替で
10回分2千円
『じねんと』
加入者名 昭和ボランティア協会
口座番号 02110-3-3937
秋の企画展
−会津が産んだハレ着−
苧麻と型染め
■奥会津昭和村
からむし工芸博物館
聞き書きによる
地域文化の掘進と継承
会津学 Vol.5
発行元
奥会津書房 (0241-52-3580)
『佐藤孝雄のじねんと録』
毎月郵送地域ミニコミ紙
博物館だより Vol.45
雑誌:会津学研究会
企画制作:恵比壽塵報 Copyright Japan Intelligence Network