恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)
YEBIsu Journal Ironical News columns : Japan Intelligence Network
[指定頁切出表示]
[09/12/09]
======================================================================
■[恵比壽塵報]95号:おもてなし外伝「奇跡体験!アンビリバボー」
======================================================================

 果報は寝て待て、いや、果報は練っているからついてくる。
 恵比壽塵報は、『おもてなし三題』のひとつとして、以下の記事を上梓した。

 [恵比壽塵報]84号:おもてなし三題−こちょこちょおもてなし−
  http://www.kkjin.co.jp/yebi_jin/index084.htm

    街道筋を壊してはいけない。
    会津の頑固翁と村上市のひとりの青年との出会いが、、、
    (恵比壽塵報記事より)

 まさに、この内容にそったテレビ番組が、明日(12月10日)夜8時から のフジテレビ系列「奇跡体験!アンビリバボー」で放映されるのです。

 放映情報は、以下の経路で恵比塵編集局に届いた。
 1.出演者(当事者)である村上市の吉川さんが、あるメルマガ主宰者の方 に案内メールを差し上げた。
 2.同メルマガ主宰者が、メルマガ購読者に発信した。
 3.同メルマガ購読者である、IKさんが、BCC発信した。
IKさんは、父上の出身地が村上市であり恵比塵読者であり北海道栗山 町をこよなく愛して応援している(恵比壽塵報記事より)
 4.それを受信した恵比塵編集局。歓喜雀躍とはこのことである。
「ひさびさの大ネタだぁぁ(泣)」
 という経緯である。

 番組案内【感動のアンビリバボー】によると、
    時代の波に取り残された新潟県のある町が見事に再生した、奇 跡のストーリーをお届けします。東京で商社に勤めていた1人 の男性が、新潟県の村上市に帰郷。
    その頃、町では古い町並みを壊して近代化する“町おこし"運 動が起こっていた。
    そんな時、その男性宅を訪れた旅人の一言によって、町の眠れ る魅力に気づくのだった。

 とあります。

 恵比壽塵報84号は、ちょうどこの位置から説きおこして、
 『おもてなしのココロとは、オモテではなく(表無し)ウチ(内側)  をお見せすることでもある。』
 とメイ言を吐いたのである。
 さて、「一年かけての取材(元案内文より)」をしたビートたけしの番組は、 恵比壽塵報の至言を映像として表現することが出来るでしょうか。


 明日の放映なので、恵比塵編集局、これ以上文章を練る余裕が無い。

 この表現の違いが、少し気にかかりますね。
  《恵比塵》 会津の頑固翁と村上市のひとりの青年との出会いが、、、
  《番組案内》そんな時、その男性宅を訪れた旅人の一言によって

 村上市の再生の奇跡が主役なので、脇役の訪れた旅人に「会津(の頑固翁、 五十嵐大祐さん)」という固有名詞が振られているかどうかがわからない。
 [恵比壽塵報]副教材として、是非ともこの番組をご覧いただきたいのであ る。こらっ!

 後は、果報(結果)は寝て待とう。

 では、記事の最後にもう一度CM!
 [恵比壽塵報]84号:おもてなし三題−こちょこちょおもてなし−

----------------------------------------------------------------------
■恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)発行処:澁谷区恵比壽/日知網内■
■恵比壽塵報■ http://www.kkjin.co.jp/yebi_jin/
バックナンバーリストへ

YEBIJIN certification : Designed by WAT ( since 2009/01/21 )

■お断りの説明■
本ページに掲載されている文章は、数名の方々へ同報メールしていたものを転載しています。 つまり私信としての扱いで書かれた雑文を元にしていますので、公開(掲載)時に一部訂 正削除、伏字としてある文書があります。また、内容によっては文書全体の公開そのもの を非公開としているものもあります。
一部に苦味の混じる表現がありますがそれは風味です。毒ではありませんので、そのままご賞味下さい(笑)


YebiJin Advertising Board 三行広告扱い中) 09/09/29版
座布団!押掛け・協賛・お付き合い・喜捨・広告募集中 ロゴ、リンク付きもご相談下さい
『佐藤孝雄のじねんと録』
毎月郵送地域ミニコミ紙
博物館だより Vol.45
雑誌:会津学研究会
−じねんと20年の記録−
『過疎といわれて
オタオタするな』

■著者:佐藤孝雄
ふるさと企画 (0241-57-2544)
お申込みは郵便振替で
10回分2千円
『じねんと』
加入者名 昭和ボランティア協会
口座番号 02110-3-3937
秋の企画展
−会津が産んだハレ着−
苧麻と型染め
■奥会津昭和村
からむし工芸博物館
聞き書きによる
地域文化の掘進と継承
会津学 Vol.5
発行元
奥会津書房 (0241-52-3580)
『佐藤孝雄のじねんと録』
毎月郵送地域ミニコミ紙
博物館だより Vol.45
雑誌:会津学研究会
企画制作:恵比壽塵報 Copyright Japan Intelligence Network