恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)
YEBIsu Journal Ironical News columns : Japan Intelligence Network
[指定頁切出表示]
[10/02/11]
======================================================================
■[恵比壽塵報]99号:わ!プリウスだ!!
======================================================================

 わ!プリウスだ!!
 なんだかブレーキの効かない(らしい)クルマが問題になっているらしい。
 そこに搭載されたソフトウェアは、設計(仕様)通りに完璧に組み込まれて いた。アホなプログラマが、1と0.1を間違えたとか、自動販売機の缶コー ヒーの単価設定を間違えたといった事象とはまったく意味が違うのである。
 ところが、猫も杓子も運転するクルマの仕様としては、少し配慮が足りなか ったらしいのである。猫や杓子の定規にも合わせられるクルマなどはたして作 れるのだろうか。
 かくいう筆者はクルマの免許も持っていないので、運転技術の問題にまでは 踏み込めない。そのあたりの話はチョイと抜かす。

 いまは、クルマの免許を持っていないとほとんどバカにされる。持つのが当 たり前の免許は国民皆免許にしないのはどうしてだろうか。聞くところによる と、空を飛ぶ為の装置では機種毎に免許が限定されているという。また、なか なか普通人が持てない免許には、伝統文化のお師匠さんの免許などがある。こ れらは金がない貧乏人には、持てない仕組みになっている。このように、元々 免許というのは生半可に持てないのが当たり前だったのである。

 少し自慢をしてしまうが、筆者は「『特種』情報処理技術者」という資格を 持っている。これは、通商産業省の大臣のハンコのついた認定書で、実は免許 ではない。そんな認定を筆者が取得した時代は、「特種」という認定者は医者 になる人の数よりも少なかったのである。ただ、医者は無資格では出来ないが、 ソフトウェア業というのは、別に「特種」などというのは必要でもなかった。 口先三寸でもソフトウェア業は出来た。それでかどうかは知らないが、最近は ソフトウェア業などとはいわないで、ITというようになった。それにあわせ るように、「特種」という名称そのものが無くなってしまったのである。名刺 には今でも「特種情報処理技術者」と印刷している。その名刺を見る人は、こ の文字列によって時代を推し量るので、まるで「文化遺産」でも見るような対 応になることもある。「無用無形文化財」などと下卑た謙遜表現をしないのは、 筆者のまわりにはこの資格をお持ちの諸先輩もいらっしゃる。ついついそのこ とを慮(おもんぱか)るからである。

 最近はご老人が運転免許を返上するとポイントがもらえるらしいという仕組 みもあるらしい。筆者も、「特種情報処理技術者」という表記を外せば、ポイ ントがゲット出来るのであればそうしたいところでもある。

 ついつい、主題がずれてしまうが、何を言いたいかというと、普通の人が誰 でも持てる免許は免許ではないということである。

 乗り物の一種である飛行機と同じく、陸の乗物も、機種ごとに免許を与えれ ばよいのではないかと思うのである。と、書いて気づいてしまったが、確かに 大型特種とか原付とか運転免許は少しは分類されているらしい。その中に、 「プリウス運転免許」という範疇は設定できないものか。と、思うのである。 こうなれば、誰でも持てる免許ではなくなるし、ステータスが出てくるであろ う。

 「プリウス限定免許」である。そのステータスとプライドをもっと向上させ るには、「プリウス限定免許」の中でもオプションで「減税、補助金無し」と いうクラスを設ければよいと思う。どうですか!貧乏人には実現できない、新 しい日本のセレブを証明する免許です。

 いつの頃からか、運転免許の取得間もない人には初心者ということで、車に 「若葉マーク」というシールを貼り付けることが推奨された。事情はわからな いので、これが運転者の義務かどうかはわからない。そして、最近はご老齢の 運転者には「落葉マーク」を付けよということが推奨されているらしい。「落 葉マーク」あれ?何だっけか。そうそう「もみじマーク」というらしい。何し ろ、筆者は一般人ならば就活でも婚活でも平和な家庭活動でも必須と思われる 自動車の免許を保持していないのでこれくらいの非常識はご容赦願いたい。

 これは、車にそのシールがついていたら、周りの人が気をつけるべしという、 自己防衛を強要するシールである。つまりは、運転免許は誰でも取れるのでこ んなことがまかり通ってしまう世の中になってしまったのである。

 つまり、当該シール添付の運転者以外の人に自己責任を押し付けているので ある。「若葉マーク」をつけたとたんに、そのクルマの運転者は説明責任を果 たしたことになってしまうのである。「若葉マーク」は政治家にとっての「秘 書」のような存在でもある。
 空を飛んでいる飛行機の底部は結構な面積があると思うが、そこに「若葉マ ーク」や「落葉マーク」を貼ったものは見たことがない。あれば、地上を這い ずる周りの人にも安全だと思うのだか実現しないのはなぜだろう。

 そこで、筆者は「若葉マーク」「もみじマーク」と同じように、リコールの 始末が終了するまでは、ブレーキが効きにくい(らしい)といわれるクルマに は暫定的に、

 「わ!プリウスだ!」シール

 というのを、貼ってもらいたいと思うのである。もっといえば、筆者はクル マの車種もわからないので、シールではなく「わ!プリウスだ!エンブレム」 をクルマの屋根に立体的形状でつけてもらいたいと思うのである。車種には関 係なくタクシーやパトカーが、一目でそれとわかる仕組みと同じものである。 便利だと思う。これで、メーカーの下請けも潤うのではないか。ただし、その 為にハイカ(ハイウェイカード)のような独立行政法人は作って欲しくないの で、タクシーのちょうちんなどをリサイクルして欲しい。

公開時一部表記を変更しました。
----------------------------------------------------------------------
■恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)発行処:澁谷区恵比壽/日知網内■
■恵比壽塵報■ http://www.kkjin.co.jp/yebi_jin/
 バックナンバーリスト

YEBIJIN certification : since 2009/12/18

■お断りの説明■
本ページに掲載されている文章は、数名の方々へ同報メールしていたものを転載しています。 つまり私信としての扱いで書かれた雑文を元にしていますので、公開(掲載)時に一部訂 正削除、伏字としてある文書があります。また、内容によっては文書全体の公開そのもの を非公開としているものもあります。
一部に苦味の混じる表現がありますがそれは風味です。毒ではありませんので、そのままご賞味下さい。

YebiJin Advertising Board 三行広告扱い中) 10/02/11版
座布団!押掛け・協賛・お付き合い・喜捨・広告募集中 ロゴ、リンク付きもご相談下さい
準備中
「からむし織 見本市」
準備中
準備中

  

開催者のサイトではありません

  

  
準備中
応援サイトです
準備中
準備中
企画制作:恵比壽塵報 Copyright Japan Intelligence Network