恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)
YEBIsu Journal Ironical News columns : Japan Intelligence Network
[指定頁切出表示]
[10/04/07]
======================================================================
■[恵比壽塵報]101号:ついついTwitter登録の弁
======================================================================

 つい先々月(だと思う)、田舎への交付金は営利活動にも使用できるという 記事が福島県内のニュースに出た。
 その時の記事は、東山温泉で「水ようかんとコーヒーを出す」店を作って、 補助を貰ってとりあえず土曜日の2時間営業してみるという記事だったと思う。 とりあえずの実験に補助金を得たのだ(350万円だと!)。うらやましすぎ ないか。
その顛末が、4月6日の朝日新聞Webに、載っていた。
 結果は、延べ14日営業(通算24時間)して、売上げは約2万円で利益が 出なかったので、4月から続けるのはあきらめたというのです。
 その理由は、「にぎわいを作りたくても、観光客が少なくてはどうしようも ない」。だと!。なんというご都合主義!とプッツンしてしまった。
「しかたがないよね、、」という記事の論調が癪に障ってしまった。

 奥会津昭和村では、佐藤孝雄さんは、役場を辞めて、「ファーマーズカフェ 大芦家」を開店準備中である。
補助金などには頼らず、「過疎と言われてオタオタするな」の精神である。観 光客など来ないところである。
彼の覚悟は「観光客がいないのは当たり前、利益は関係なし、誰かが寄ってく れればよい」。それだけで、生活としての大芦家を始めるのである。
失敗しようと逃げも隠れも言い訳もしないのである。
過疎をいいことに「お客様はお役所(交付金)です」と思っていないか。
おもてなしをするお客様は「観光客だけか!」とついつい過激になってしまう のである。
 そんなことで酒気帯びで腹が立って、訳(仕組み)も判らずに、ツイッター をはじめてしまった。
 こんなことしてていいのか!、と思いつつ、ついつい登録してしまいました。 ついつい登録したが、どうも操作の仕方がわからない。知っている人がいたの でクリックしてみた。

消そうかと思っていたら1件フォローがついてしまった(笑)ので、発言1件 のままで放置することにした。

明日考えることにしよう。これから明日の境目は寝た振りすることにする。
ついついつーたららった、(流してくだされ)


本記事は、 ブログ別冊 恵比塵−おだてて落とす。−より、転載しました。

・ お ・ た ・ よ ・ り ・

(首都圏・O編集室)
    実は先月、・・・・行ってきました。
    営業時間が限定されているうえ、かなり入りづらい店構え。
    客は私たち一家のほかは、近所に住んでいるらしい常連さんだけ。
    ・・・・
    だから、あの店が補助金をもらっていたとは意外(そして心外)でした!
    補助金は、心意気のある人に使ってもらわないと困ります。

(石川県・N大同窓)
    恵比壽塵報「101号」発行、
    おめでとうございます。
    100号の時に言った方がよかったですね・・・
    ガリ版がメールに変わっただけで^^、ジンさんはジンさん、ですね〜^^)
    とりあえず、一言お祝いまで(^^)
        谷口
おたよりは、適宜抄録化(一部割愛等及びお名前等の表記変更)して掲載しています。
----------------------------------------------------------------------
■恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)発行処:澁谷区恵比壽/日知網内■
■恵比壽塵報■ http://www.kkjin.co.jp/yebi_jin/
 バックナンバーリスト

YEBIJIN certification : since 2009/12/18

■お断りの説明■
本ページに掲載されている文章は、数名の方々へ同報メールしていたものを転載しています。 つまり私信としての扱いで書かれた雑文を元にしていますので、公開(掲載)時に一部訂 正削除、伏字としてある文書があります。また、内容によっては文書全体の公開そのもの を非公開としているものもあります。
一部に苦味の混じる表現がありますがそれは風味です。毒ではありませんので、そのままご賞味下さい(笑)


YebiJin Advertising Board 三行広告扱い中) 10/02/03版
座布団!押掛け・協賛・お付き合い・喜捨・広告募集中 ロゴ、リンク付きもご相談下さい
ファーマーズカフェ
雑誌:会津学研究会
リトルプレス『oraho』
からむし織見本市
−じねんと20年の記録−
『過疎といわれて
オタオタするな』

■著者:佐藤孝雄
ふるさと企画 (0241-57-2544)
聞き書きによる
地域文化の掘進と継承
会津学 Vol.5
発行元
奥会津書房 (0241-52-3580)
会津のいいもの

4月22日創刊!
ブログ『大芦家』
雑誌:会津学研究会
『oraho』公式サイト
終了しました 応援サイト
企画制作:恵比壽塵報 Copyright Japan Intelligence Network