恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)
YEBIsu Journal Ironical News columns : Japan Intelligence Network
[指定頁切出表示]
[10/08/27]
======================================================================
■[恵比壽塵報]104号:偏屈郷土愛−ごまめの歯ぎしり−
======================================================================

 8月21日・はれ

 姪の結婚式で、福島市に出かけることとなった。

【東京駅新幹線乗場】
(東北新幹線の乗り場に米の宣伝看板があった)
  http://yebijin.asablo.jp/blog/img/2010/08/26/121f9e.jpg
  
  |おいしさに感動!
  |やまがたの米
  |山形米 庄内米 はえぬき・コシヒカリ・ひとめぼれ
 という看板と、
  |美人を育てる秋田米
  |あきたこまち
 という看板が縦にならんでいたのである。

 これから出かけるのは福島県福島市。東京駅新幹線乗場、ついつい郷土愛が 出てしまった。福島の米の宣伝はどした。宣伝しなくても食うことになるので、 まあよい。
 やまがたは少し正直である。「山形米」と「庄内米」と区別している。代表 地域で表現するのはしかたない(しょうない)としても。福島(県)は少しや やこしい事情がある。やまがたのまねをすると、福島県は変なところで民主主 義を貫くので「福島米」「郡山米」「会津米」となってしまうのである。実は 奥会津出身者としては、福島米とか郡山米は食べないのである。だから「福島 米」と総称されても困るので、福島県の米を代表して、ここは「会津」という ことで話を続ける。新幹線、通ってないし、、、

 会津で米を食べる人は「おいしさに感動!」とか「美人を育てる」などとは 言わない。また、わざわざ「やまがたの米」や「あきたこまち」を自分の金で 買ってまで食べない。自家米の「会津米」があるからである。福島駅を通過す る人は、飯食って感動しなさい。飯食って美人になる訳ではない。元々の美人 を育てる秋田米ということだぞ。
 会津では飯(会津米)を食うのは日常生活である。三度の飯で感動できる旅 人は幸いなるかな、である。会津ではよそ者に対して「自分は美人」などとは 言わないのである。ほとんどのよその人が会津人を見たときに「美人!」と感 じるだけなので、わざわざ「美人を」とは言わないのである。

 あー、せいせいした。


 という前振りで、ブログ記事引写しでお茶をにごす。
 ブログ別冊 恵比塵−姪の結婚式へ−
 http://yebijin.asablo.jp/blog/2010/08/26/5309230

 でした。

公開時画像付きに変更してみました。
----------------------------------------------------------------------
■恵比壽塵報(略称/恵比塵☆YEBIJIN)発行処:澁谷区恵比壽/日知網内■
■恵比壽塵報■ http://www.kkjin.co.jp/yebi_jin/
 バックナンバーリスト

YEBIJIN certification : since 2009/12/18

■お断りの説明■
本ページに掲載されている文章は、数名の方々へ同報メールしていたものを転載しています。 つまり私信としての扱いで書かれた雑文を元にしていますので、公開(掲載)時に一部訂 正削除、伏字としてある文書があります。また、内容によっては文書全体の公開そのもの を非公開としているものもあります。
一部に苦味の混じる表現がありますがそれは風味です。毒ではありませんので、そのままご賞味下さい(笑)